スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゴッドファーザー・特別完全版。。。。。。の感想

こんばんは。オザキショウゴです。

前回の更新から6日。大分日にちがたってしまいました。
最近めちゃくちゃ忙しく、中々更新できませんでした。


だけどついにそれも今日で終わりです。このブログの更新のペースももとに戻る(?)事でしょう。



20140220073712.jpg
ところで先日、前回紹介した「ゴッド・ファーザー 特別完全版」を見てみました。


スクリーンショットも撮ったので、それを含めて感想を述べて行きたいと思います。
ネタバレ注意です! また、スクリーンショットはビデオ版です。


さあ、そろそろゴッドファーザーの完全版の感想に移りたいと思います……


まあ簡単に言いますと案外意外な物で、一番最初に感じた事は「こんなに長かったかなあ……」と言うのが、正直な所でした。
いや、もっと言うと「ダルイ」が正解でしょうか。


この完全版は「パート1」と「パート2」を繋ぎ合せ、未公開を含めた7時間超の怪物的作品で、ストーリーも時系列順に流れて行き……さらに未公開部分で通常版より人物模写がより的確に描かれた最早「最強」と呼んでいい作品のハズなんですが……何より「ダルい」んです。



私も良い意味でも悪い意味でも社会人。7時間を一気見をした訳ではありません。
何回かに分けて見たのにも関わらず気づくとそんな感想が出てたのです。


コニーの結婚式のシーンなんてめちゃくちゃ長いです。「まだ続くの!?」と愚痴がもれます。


通常版のゴッドファーザーは一つのパートに3時間。ですが、一度見てしまうと一気に見てしまい、3時間を3時間と思わせないテンポがあります。

しかし今回は2時間が限界……。


それもこれも、そんな感想の出て来た原因はやっぱり「未公開シーン」に尽きます。
間にチョクチョク入ってくる「未公開シーン」が流れを邪魔しているんですね。

20140220080345.jpg

上の画像は未公開でもなんでもありませんが、中編の終盤のシーン。コニーが兄のマイケルに旦那を殺害され、泣き叫んでる所です。ここまで来るのにどれだけ再生と停止を繰り返したか……。


しかし悪い事ばかり書きましたが、何も悪い所ばかりではございません。
良い所もいっぱいあります。

20140220075750.jpg

20140220075319.jpg

例えば「テシオ」と「アル・ネリ」。
「テシオ」は元々「ビト・コルレオーネ」の幹部の一人で映画の中では幹部の中で一番影が薄い人物です。
(ちなみに画像の上の方がテシオ。画像の命乞いのシーンを、たったワンシーンで演じきってしまうそのド迫力な演技に感服です)

それが未公開が追加され、ビトが若かりし頃に少しだけですが、テシオや幹部結成までの経緯の登場シーンが増えます。
そこで一気にビトの幹部たちの存在感が増していき、上の画像のシーンがより残酷に見れてしまうのです。


もう一つが「アル・ネリ」。下の画像の人物ですね。警察の格好をして車の運転手にノックしています。
もともと警官だったようで、ある事情で警察を退職し「クレメンザ」と言う幹部の一人にスカウトを受け、ファミリーの一員となります。


その人物なんですが、通常版を見る限り、アル・ネリは必要以上に喋らないクールな人物。

ボスの命令に素直に従い、マイケル・コルレオーネの忠実な右腕です。

20140223141215.jpg

それが未公開シーンにて、アルネリがカジノへ赴き、そこの支配人に「ここは、コルレオーネファミリーが買い取る」と
言うや否や、支配人にパンチ&パンチ!&パンチ&パンチ!

果てはショーの練習をしているステージの人達の前で、椅子の足で顔面を叩き潰そう試みます。


最後は支配人は「わかった、譲る、譲るよ!」と叫んで出て行き、アルネリはその椅子に座り「さあ、ショーの練習を続けろ!」と残酷な一面を見せつけます。

もともと、冷酷な殺し屋なんですが、このワンシーンで「アル・ネリ」という人物像を決定づけるシーンでもあります。


まだ二人しか紹介してませんが、このように未公開を経てゴッドファーザーの映画の人物達がどのような人間性か伺える有意義な物となってるんですね。




……と、長くなりましたが、続いては私が好きなシーンをスクリーンショットで幾つか撮ってみました。
それを紹介して行きます。


20140221173413.jpg

まずはこれ。パート2で物語が動き出す事件でのシーンです。

ここのシーンの何処が好きかと言うと、マイケルが拳銃を持った人物の部下を2人後ろにつけて庭を歩いてるんですが……これはパート1にて、いたって普通の青年だった頃のマイケルを思い浮かべると、そのマイケルはこの時にはもう微塵も存在しない事を表しています。


余談ですが、私も今とは違う仕事をしてるとき……「どんな情けなさそうな爺でも、どんな優しそうな爺でも、どんなボロボロなジャージやYシャツを着てる爺だろうが、後ろに男を連れて歩いてるおっさんには気をつけろ。ヤ○ザの可能性がある」と上司さんから教えてもらった事があります。

仕事上、それに近い人達と出会う仕事をしていたので、勉強になったものです。

20140223141144.jpg

続いてはこれ。前回も書いたのですが、パート2にて母のお葬式の最中、マイケルが妹のコニーと話すシーンです。


簡単に言うとコニーが「兄を許してやってくれ。あの人はマイケルなしではやっていけない」と頼み込むシーンなんですが、画像を見て分かると思いますが、マイケルの考えがまったく読み取れません。

大概の作品はここで許してやる場面なんですが、そこはゴッド・ファーザー。そんな甘い世界ではありません。

20140223141449.jpg

3つ目は。このシーン。
「なんだこれ。ただの会話のシーンの一つじゃないか」と思ってしまう方もいるでしょう。
しかし違います。上のセリフの部分だけでは分かりづらいでしょうが、日本語字幕だけではマイケルはこう喋っています。


「歴史が教えてくれてるじゃないか。この世でたった一つ確かな事は、人は殺せると言う事だ」


これは「ハイマン・ロス」、「ビト・コルレオーネ」マイケルのお父さんの元幹部の一人に向けられた言葉です。

「ハイマン・ロスは大統領並みの警護の中にいて、殺すことは不可能だ」と言う部下の言葉にマイケルがこう言い放つのです。

20140223150759.jpg


そして最後となりました。いや、まだまだあるしあったんですが「ゴッド・ファーザー」を語るとなると、まったく時間が足りなくなるので、今日はここらへんで……。


この場面はマイケルがすべての厄介事を片づけ、その渦中、失った物を思いだすシーンだと……思います。

家族を失い、奥さんも失い、兄弟さえも殺害し、さらに仲間だったものも殺してしまったマイケルはここで何を思ったか……。ここで指輪をしているのも良い味を出してるのが良いですね。



……と、以上、こんな感じで今回は「ゴッド・ファーザー」の感想を終わろうと思います。


やっぱりかなり長くなってしまいましたね。
ゴッドファーザー・ソウルがある人からすれば「何でここを取り上げない!」と怒ってる方もいるかもしれませんが……。一旦はここで終わります。

しかもこの映画を知らない人は、全く面白くなかった可能性がある……。


次からは自作ゲームの進行状況を更新して行こうと思います。

でもまだまだ、こんな寄り道なブログも更新していこうと思ってます。


それでは今日はこの辺で終わります。


人気ブログランキングへ
(著作権等の問題があれば御連絡下さい。
画像などの削除をいたします)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

そうですか~

1年半前以上のブログにコメントも気が引けますが、まあ好みはそれぞれとはいえ、自分はこの時間軸ヴァージョン、かなり好きで楽しめました。もちろん、オリジナルはそれはそれで好きですが、少なくとも退屈には感じなかった。

まあそれはいいとして、「ビトが若かりし頃に少しだけですが、テシオや幹部結成までの経緯の登場シーンが増えます。」
↑これ、オリジナルにもちゃんと入ってますよ。

それと、未公開シーンで一番重要なことを書き忘れてるのか、気づかれてないのか、、、ハイマンロスの若き日が出てきますね。オリジナルだと、IIからいきなり登場した人みたいでやや意味が分からなかったですが、ここで繋がります。特別完全版の最大の見せ場、というか存在意義ってそこだと思うんですが...。

Re: そうですか~

たつた様、コメントありがとうございます。オザキショウゴと申します。


いやあ、本当に申し訳ありません。今読み返せば誤字や拙者な文章だらけの記事にコメントいただけるだけでもありがたいです……。



当然好みは人それぞれ、もちろん私も楽しめましたよ~。辛口なのは愛ゆえという事にしておいてください……。


ビトの若かりし頃に「テシオ」が仲間に入るシーン、オリジナル入ってましたっけ……? う~ん、ならばこれは私の記憶違いですね、すみません。



もちろん「ハイマン・ロス」が未公開になって「仲間に入るシーン」も追加されましたね~~。

あのたった数秒のシーン(だっけ?)が追加され、数時間におよぶパート2がより感慨深いものになりました……。


ただ、やっぱり当時の記事は私の一番好きなキャラクター、「マイケル」や「アルネリ」を語りたかった(と思う)ので「ハイマン・ロス」は割愛させていただきました……。


この記事は1年半……というより2年半前の記事なのですが、また気が向けばゴッドファーザーについての記事を書きたいと思っています。


ただ、最後にゴッドファーザーを見たのが、この記事を書いた前後だったと思うので、もう一度見直さないといけませんね……。

次からは矛盾がないよう、気を付けます!



これからも何かあれば、是非是非気軽にコメント頂けたらと思います!


プロフィール

オザキショウゴ

Author:オザキショウゴ
連絡先は↓までお願いします。
「shogoozaki1229★yahoo.co.jp」
★をアットマークに変えて送信して下さい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
ツイッターです
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。