スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

近況というか、製作段階のお話というか……

こんばんは。オザキショウゴです。



前にちょろっとお話ししたような気がしますが、ただいま社員になるための研修に行っています。




驚くくらい何とか疲れたり、辛かったり……もう既に職場で働いている同じ研修生の方から「こんな研修内容、まったく役に立たないよ」とお話を聞いてから「大丈夫か、この研修」。と疑ってかかってしまったり。



まあ、研修なんてこんなもんかと言い聞かせながら、中々次の職場が不安ではありますが、何とかやっております。











ところで。ただいま色々作業しながら「ドラゴンボールGT」のアニメをレンタルして視聴しています。





久しぶりに見てみて、思った感想は「これはもったいない!」と感じてしまいました。


i320.jpg




今現在「ベビー」さんが地球に来てベジータ達を洗脳した所まで視聴しましたが、よくよく見てみれば色々タイミングさえ見計らっていればさらに面白かったと思うんですよ。




作画もクオリティ高いし、ドラゴンボール初期の雰囲気に戻してる感じが好印象だし、宇宙を舞台にしているのもワクワクするし……。





でも本当に惜しい。ベビーをもう少し地球に乗り込むタイミングを遅らせていたり、もう少し出番の枠を開けていればれば、ベビ-の
成長過程も納得できたし、段々迫ってくる彼の脅威を感じられたのに……。
赤ちゃんだったベビーが次回になって成長して他の惑星を壊そうとしていたり、いきなり地球にやって来て人間の殆どを征服していたって……どうにもいきなりすぎて絶望感どころか、駆け足過ぎて若干「置いて行かれ感」がハンパないんです。



もちろん大人の事情もあると思うんですが……残り二つのドラゴンボールを、めちゃくちゃ打ち切りマンガの如くあっさりゲットしてましたし……。




悟空がすごろくやら、フリーザとセル達と戦わせてる暇あったら、そこを何とかして欲しかった。






そして絶対あんなあっさり、リルド将軍も殺してはいけないと思うんですよ。


私だったらリルド将軍を「実は生きていて、復讐のために地球までやって来て、ベビーに『カカロットは俺が倒す。勘違いするな、ドクターミュウ様のためだからな……』」とかベジータみたいに、セリフを適当につけといて一緒に戦わせたら、絶対燃えた展開になっていたろうに!




……と、そんな二十年前の作品にケチつけるのもお門違いと言う所。
大人の事情もありましたでしょうし、実際まだ全体の記憶がうろ覚えで、全部見直してないので偉そうな事は言えないので……。これ以上は何も言わず、楽しんで見て行きたいと思います。




もしかしたらこの先、もっと面白い展開になってる可能性もあるので。


―――――――――――――――――――――――――


ガラッとお話変わりまして、少し途中ではありますが、立ち絵を描きました。



雪涼a


内容は「三国の空・前編 有料版」に登場するキャラクター、「雪涼(せつりょう)」といいます。





三国の空・前編 有料版」は無料版ではカットして描いてないストーリーを補完する形の作品となっていますが、この「雪涼(せつりょう)」はその補完する二つの中の一つに登場します。




正直、描いて気付いたし、お話しても「へえ~~」としか思われないでしょうが是非聞いてください。




この「雪涼」が登場するお話は真冬も真冬、大真冬。
雪も積もるシーンも登場予定なのですが、なんでこいつ下半身、こんなに素肌露出してんだって思ったんですよ。





でも、もう良いかって思いました。このキャラクター、とても貧乏な生活を強いられているのですが、真冬でも服を買うお金が無ければ、こんな格好でも良いかって。



世界が平和であれば、冬でも下半身がこんな露出してても良いかなって。日本の方でも時々いますしね、そんな方。








次回更新時も、世界が平和であれ!!



(『~であれ』と言うと、いつもこの曲を思い出しますね……)







人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

オザキショウゴ

Author:オザキショウゴ
連絡先は↓までお願いします。
「shogoozaki1229★yahoo.co.jp」
★をアットマークに変えて送信して下さい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
ツイッターです
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。