己の作品、「動脈と静脈」を語ってみよう!なお話。

(2016/05/23 少し本文を修正&追加しました)


こんばんは、オザキショウゴです。





どうでしょうか、皆さん。やりましたか。








そろそろ最後までやりましたか。







何って、言わせないでくださいよ。
















av 表紙改訂a



「動脈と静脈」ですよ!







もう公開して3年弱。時が過ぎるのは速いですねえ。そろそろこのゲームに興味をお持ちの方は、プレイしたんじゃないかなあなんて年頃です。






もちろん私の中ではまだ「動脈と静脈」が終わっているはずもなく、(一年くらい感想を頂いてませんが)このノベルの感想を頂く事が、そして楽しいと言ってもらえる事が何より一番嬉しいものだと思っています。








そんな訳で今日は、己の作品について語ってみようかなあと思いまして。



私の中では公開した作品を、「裏設定がうんぬんかんぬん」とか「実はあのシーンにはこんな意味がある」だとか。ウダウダ無暗に語るのは「それ、格好悪い」派の人間だったのですが、もう公開して3年です。




そろそろこの作品についてウダウダ語っても格好悪くないかなあ、なんて思ったり。



「『動脈と静脈』ってなんだよ。天才的な医者が出てきて、難病でも治す物語かよ」 とかいうツッコミは無しでお願いします。





マイナー作品なりに、色々考えて作ったノベルです。適当に読んでくださってくださいったらくださいな。


――――――――――――――――――――――――――



tomokob.jpg




元々この作品は公開する3,4年前(だっけ?)から構想していて、本当は読み切り漫画40ページ作品にしてやろうと考えていたのですが、いざ描きはじめると、まったく40ページに収まらない収まらない。そしてきりきりまい。




そこから色々調べた挙句、「もう、漫画じゃいつ完成するか分かったものじゃない。ゲームシナリオを募集していた賞レースがあるじゃないか!」と確か「この企画の第1回目」に応募したのですが、それがまったくカスリもせず……。





それじゃあもう自分で作るか! とやけになって制作したのが、現在の動脈と静脈です。(本編より長いんじゃねえ!? な、おまけシナリオである「凛、あきルート」「千早と茜ルート」は上記の企画の水増しとして制作したのでした)






人間とは不思議なもので、これを製作している頃にはすでに3部作が頭の中に出来上がっていたのですが、まだ完結作は3年たった今も、そんな言うほど作ってないんだから摩訶不思議ですよねえ……。







当時の私は、漫画やアニメによくある「クールでめっちゃ上から目線のパーフェクトに敵をやっつける主人公とヒロイン」&「萌え萌えな女の子が、すんげえ実力で素敵に相手をやっつける」アニメが大嫌いの人間で、お前の過去に何があったか知らんけど、お前がそんなパーフェクトに敵をやっつけてしまって、見させられたコッチはどうするんだと考えていた人間でした。




それじゃあ、私の中の主人公の理想ってどんなのだろうと具現化したのがあの『松岡智子』、略してマツオです。






大雨の中、ぬかるんだ地面に倒れながらも、泥水を啜りながらはいつくばって進むような、あの主人公が私は大好きなのです。







しかし、私はそれでも「マツオは女の子だからなあ」と遠慮があったのでしょうね。後に公開&制作している「三国の空」に登場する「秋会(しゅうかい)」という主人公に、マツオの後を継いでもらって泥水を代わりに啜ってもらっています。実際、泥水に顔つけて水すすってますし!




――――――――――――――――――――――――――――――――――――





そして「動脈と静脈」には、大きなテーマが二つありました。






「片耳のない少年」「世界一弱い女の子と世界一最強の生物が戦う」です。



riki.jpg


rikisitab.jpg


「片耳のない少年」とはもちろんこのゲームのキーキャラクターの「前原 理軌(まえはら りき)」という少年。




この子が発端で色々可笑しな事が起きます。そしてこの子が原因でのどかな村が一変します。





そして「世界一弱い女」とは松岡智子、略してマツコデラックス。




世界一弱いキャラをどうやって作ろうかなあ、なんて考えているとき、ちょうど身内から「知り合いがいきなり余命3か月と告げられたんだけどさあ、なんと宣告された3日後に亡くなったんだよ。その家族は悲しむどころか、逆に笑ったらしいよ」という話がきっかけで「これだ!」と思った私は「3か月は無理があるからせめて3年にしようと」余命3年の主人公をその世界に詰め込んだのでした。






それが当たったのか祟ったのか、「余命3年の人間はこんなんじゃない」だとか「本来なら5年から宣告されるはず」だとか色々突っ込まれてしまいましたが、松岡智子は余命が近づいた3年近く経った今も、全然元気です。







そしてどうでも良い話かもしれませんが、お話させてください。







今作品に「長谷川」という教師が登場します。





この方、ニックネームが主人公から「武士(もののふ)」と言われたり、生徒から「長谷ぴー」と呼ばれたり、ワイルドなのか何なのか。半分ハゲのおっさんなのですが、この長谷ぴー、私が中学生の頃の先生をモデルにして登場させてもらいました。(今も何処かで生きてる先生、ごめんなさい)





この作品の長谷ぴーは所謂アメリカかぶれで、吸う煙草もラッキーストライク。鉄拳制裁な男です。





本来の現実の方の長谷川先生は、鉄拳制裁で、周りから「長谷ぴー」と呼ばれる所は変わりませんが、アメリカは正反対に嫌いな人間なのです。完全に右の翼の方で、さらにその団体に所属し、皇帝陛下万歳で学校のどこかに必ず日本国旗を立てかけていた人でした。



そして何故か万年半袖で、修学旅行のスキーにも半袖を着て行ったという伝説を持ち、



さらに、ぎっくり腰になったというのにも関わらず、己の足で立って生徒の卒業式に出席したという伝説を持ち、



さらにさらに、必ず学校には『ハヤブサ』と命名された自転車に乗って学校に登校し、




さらさらさらに、台風が来た日には家の前にある洪水が起こった川をあてに、橋の上から酒を飲むのが唯一の幸せと言っていた伝説を数々持つ男でした。





そして実はこの方、本も数冊出し、何回か「朝まで生テレビ」か何かでテレビ出演もしていた記憶があります。





変わった方でした。

――――――――――――――――――――――――――




そんなこんなで、「動脈と静脈」についてダラダラ書いてきましたが、なんと驚くことに、もう私の指が疲れたと言ってきました。


なので、この続きは次回……いやいや、せめて「動脈と静脈」の公開3年記念にでもお話ししようと思います。






次回は世界最強の方のお話がしたいなあ、と思います……。




ここまで読んだ方、はいるのか分かりませんが、ここまで読んでいただき、ありがとうございました。




また近々更新します!



人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

あれっ! って思った事とかのお話。

こんばんは。オザキショウゴです。



皆さんお元気でしょうか? 私は元気です。





突然ですが聞いてください。皆さん、疑問について考えた事はありますか?





私は、何だかずっと引っかかる疑問がいくつかありまして。








子供の頃、世の中の疑問を感じる誰でもありますが、大人になればもっと疑問に感じる内容もヘビーになったと思います。



でも、何だかそれって身の回りの事しか疑問に感じない事はないでしょうか?





例えば私は子供の頃、60%くらい本気で「地球温暖化なんて騒がれてるけど結局、この世には木は何本生えてるんだ。そして木が何本生えたら地球温暖化じゃなくなるんだ」と疑問に思っていた事があります。






でも大人になった今、そんな疑問よか、もっと身近で明日明後日の事しか考えない自分がいるんですよ。


遠い疑問と言えば……「将来の私は、まだこの仕事続けてんのかなあ」や「私、ちゃんと結婚できるのかしらん」みたいな事くらいしか疑問に思わないんですよね。




しかし、これは将来の疑問というか、将来の心配に近いですね……。








まあまあ、これはこれとして!





皆さんも、ここのブログを覗いてくださっているならご存知でしょう。私は所謂、マイナー作品ばかり作っている制作者であります。






それを踏まえて、マイナー製作者が何か言ってるぞ、くらいの感覚で聞いてくださいな。





――――――――――――――――――――――――――

私の作品を遊んでくださってる方は恐らく知ってるかと思います。


私が能力者と過ごした日常」という作品があります。


タイトル画面3




この作品っていうのは、所謂「思いっきりアンチ万歳な作品を作ろう! そうしよう!



アンチ万歳! パンク万歳! セックスピストルズ万歳! 時計仕掛けのオレンジ万歳!



そんなのを目指したのが、この作品です。




所謂正義を貫く「カカロット」が大好きな人もいれば、悪役「ベジータ」が好きな人もいるかと思います。





私は3歳の頃から、「わざわざ殺す必要なんてねえだろう」と発言した「カフェオレ派カカロット」に「だからお前は甘いんだよ」と言い放った、キリッと「無糖派ベジータ」好きを貫いてきた人間でございます。
カカロット」派の兄から「ベジータ」のキンキラのカードダスをもらえば一人歓喜している変な子供でした。






話がそれましたね……すみません。



用は、人の優しさを最後のエンディングで思い切り手のひら返しする主人公に対して、プレイした読者に「こんな主人公はいかがでしょう?」。的なメッセージを与えたかったのです。


そしてそのままゲームは終わり、スタッフロール。誰も助けられぬまま、悪い主人公がその世界の覇者で終わっちゃうんですってお話。




最後の最後、そんな人の優しさを踏みにじる主人公を「大好き!」っていう人もいれば「気に入らねえなあ!」なんていう人もいるかと思いますが、ある意味、私はその「大好き!」っていう人に対して作った作品だったりします。かもしれない。と思うものなり。自信ないけど。





――――――――――――――――――――

長い前置きが終わりました。




すみません。読み飛ばし方は、ここからお読みください。







そしてこんな動画があるのをご存知でしょうか……。





私が能力者と過ごした日常」のプレイ動画(というのかな?)です。



もちろん最初、プレイ動画を流してくれるだけでとても嬉しかったのですが、この動画を見つけた瞬間、とても驚いてしましました。



ネタバレがサムネイル画像からハンパないんですよ。



もう最後のエンディングがバレバレのバレなんですよ。






この方は他のプレイ動画をいっぱい流している方で、別に文句も何もありませんし、寧ろ宣伝になるからもっとやってくれい! な気持ちでいるのですが……他のこの作品のプレイ動画はタイトル画面を採用しているのに、この動画のみエンディング画面を採用しているのか不明なのです。




しかもやっかいなのが、私が初めて「私が能力者と過ごした日常」を公開したのが15/12/16。この動画の公開日は翌日の15/12/17。ネタバレが翌日からハンパなかったのです。






幸い(なのか!?)私の作品何て全てマイナー。この動画の再生回数はたったの14回! (しかもそのうち一回は私!)






別にいいのですが、別にいいんだけども、万が一、万が一これから私の作品をプレイしようと思った方が、私の作品を検索してくださった時……この画像を見て「あ、こんなエンディングなんだ。ネタバレ画像見ちゃったしもういいや」なんて思ってしまったら、まあイヤッホウ! ってなもんだと思うのですが……。





―――――――――――――――――

そしてもし大御所の方のゲームも同様にこんなネタバレ画像をサムネイルにして公開していたら、そのゲームをプレイしようと思った読者など、きっと気持ちよく思わないと思うですが、どうなのでしょう?





皆さん、教えてください。





この世は結局、木が何本生えたら地球温暖化じゃなくなるのでしょう!?






最近、勢いで終わる回が増えて来た気がする……。


長い乱文、失礼しました。また近々更新します!



人気ブログランキングへ

色々お話ししたい事があるんだけど……だけどだけど、なお話。

こんばんは。オザキショウゴです。


色々お話したい事があります。








・まず旅行に行ったお話。

淡路島に行って来ました。食べ物が美味しかったというお話がしたいのと……。








・その淡路島に行って「ナゾのパラダイス」(リンク先は『チンチン』)へ行って来たお話。








・泊まった宿の温泉と言われたお風呂が異様にぬるま湯、「シャンプー&リンスー」と書かれていたのに、間違いなく中身はシャンプーだったお話。







・宿のオーナーであろう、おばちゃんの話が長い&異様に喋る喋る。かと思えば、夫婦で経営しているコンビニのおばちゃんも喋る喋る。かと思ったら、そこの旦那さんも喋る喋る。

淡路島の人達は親切な人達だらけのお話。








・淡路島、旅行最後の食事が異様に高いくせに、美味しかったお話。






・さらに、その旅行の帰りにパチンコで5000円負けたお話。











さあ、どれが聞きたいでしょうか?








それでは、一番上からお話させていただきたいと思います。






















と、言いたい所なのですが、今回はそんな元気もないので、次回にしてやろう!







命拾いしたな、地球人め!




――――――――――――――――――――――――――


そんな訳でまた、ちょこちょこイラストを描かせてもらったので、ここで公開させてもらおうと思います。



中 明菜(ちゅうめいさい)a



まず一つ。前に紹介していた「中明菜(ちゅうめいさい)」の立ち絵が完成したので公開させてもらいます。



前に紹介した時は、本編中に出てくるか分からないと言いましたが、今も分からない状態です。



もしかしたら出てこないかもしれません。しかし、頑張って出てくるよう、シナリオも修正してやろうと寝る前に頭の中で、ベッドに横たわり頑張っています。



火候尚 アクションシーン


もう一つは、前回「秋会(しゅうかい)」のアクションシーンとなるイラストを紹介しましたが、今回はその「火候尚(かこうしょう)」のアクションシーンです。



しかし、やはりアクションシーンというのは難しいですね。


どうすれば今にでも飛び出し、躍動感のある絵になるのか。どうすれば格好良くなるのか。


参考までに原作のドラゴンボールなどを読んだりしていますが、読みだすと最終巻まで読んでしまい「とっても面白かったですねえ、ザーボンさん」。と楽しんで終わるのみで、中々参考にできません。




光沢感も出してみたかったのですが、う~~ん。




少し細かい所も気に入らないなあと思いながら、描いたので、所々後日修正を加えるかもしれません。






―――――――――――――――――――

そんなこんなで、今回はここまでにしようと思います。



ここまで読んでいただき、ありがとうございました。





次回更新はゴールデンウィークが終わってるかもしれませんが、近々更新させてもらいます!












黙秘、小僧!!






人気ブログランキングへ

「こんばんは」やない! 「こんにちは」や!

こんばんは。オザキショウゴです。





「こんばんは」やない! 「こんにちは」や!




何とも。またもや二週間ぶりの更新となってしまいました。






時が過ぎるのは早いな~~と感じます。



皆さん、ご存知でしょうか? 「ミルフィーユ現象」というものを。












へ? 知ってる? 先日説明した? いや~~~すみません。







かわりに次回は、「『もののけ、寿命早いな現象』と『もののけ、よく寝るな現象』は比例する」について説明させてください。







そこから「アシタカ」というタタラ場の女に人気があったという男が唱えた「私は自分の足で来た。自分の足でここを出て行く」の所まで書かせてもらいます。







そして最終的には皆さんがよく知ってる「黙れ小僧!」論がアシタカの胸に響いたという説が、シシ神の頭の中で考えられては、消えて行ったという所まで説明させていただきます。
















































そんな説、ないですけどねえ!






――――――――――――――――――――――――――――

お話変わりまして。イラストをいくつか描いたので、公開させていただきます。



縛蓮



一つは立ち絵となります。名前は「縛連(ばくれん)」前回(?)紹介した汚らしい子供、「縛止(ばくと)」の親父となります。



こいつが中々のダメ親父で、物語のトリガーを引いちゃう役目として、秋会達の前に現れます。



秋会 アクションシーン


もうひとつは主人公である「秋会(しゅうかい)」。随所に出てくるアクションシーンに使いたくて、描きました。


あとはもう一つ、火候尚用のアクションシーンのイラストを製作中です。





しかし、秋会。私の中では、中々絵柄が決まらない男であります。


主人公なのでノベルゲーム上、ほとんど立ち絵などは出てこないのですが……それでも、もう少し何とかするべきでしたね。




立ち絵の秋会と今回の秋会は、違和感があります。目つきが変わってしまいました。







良い様に言えば、年を重ね、経験を積み、目つきも変わってきたと言えば格好いいですね……。





……それでは、今回はここらへんで。今はゴールデンウィークという事で、また近々更新できると思います。




ここまで読んでいただきありがとうございました!








黙れ小僧!!



人気ブログランキングへ
プロフィール

オザキショウゴ

Author:オザキショウゴ
連絡先は↓までお願いします。
「shogoozaki1229★yahoo.co.jp」
★をアットマークに変えて送信して下さい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
ツイッターです
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR