ゴッドファーザー・特別完全版。。。。。。の感想

こんばんは。オザキショウゴです。

前回の更新から6日。大分日にちがたってしまいました。
最近めちゃくちゃ忙しく、中々更新できませんでした。


だけどついにそれも今日で終わりです。このブログの更新のペースももとに戻る(?)事でしょう。



20140220073712.jpg
ところで先日、前回紹介した「ゴッド・ファーザー 特別完全版」を見てみました。


スクリーンショットも撮ったので、それを含めて感想を述べて行きたいと思います。
ネタバレ注意です! また、スクリーンショットはビデオ版です。


さあ、そろそろゴッドファーザーの完全版の感想に移りたいと思います……


まあ簡単に言いますと案外意外な物で、一番最初に感じた事は「こんなに長かったかなあ……」と言うのが、正直な所でした。
いや、もっと言うと「ダルイ」が正解でしょうか。


この完全版は「パート1」と「パート2」を繋ぎ合せ、未公開を含めた7時間超の怪物的作品で、ストーリーも時系列順に流れて行き……さらに未公開部分で通常版より人物模写がより的確に描かれた最早「最強」と呼んでいい作品のハズなんですが……何より「ダルい」んです。



私も良い意味でも悪い意味でも社会人。7時間を一気見をした訳ではありません。
何回かに分けて見たのにも関わらず気づくとそんな感想が出てたのです。


コニーの結婚式のシーンなんてめちゃくちゃ長いです。「まだ続くの!?」と愚痴がもれます。


通常版のゴッドファーザーは一つのパートに3時間。ですが、一度見てしまうと一気に見てしまい、3時間を3時間と思わせないテンポがあります。

しかし今回は2時間が限界……。


それもこれも、そんな感想の出て来た原因はやっぱり「未公開シーン」に尽きます。
間にチョクチョク入ってくる「未公開シーン」が流れを邪魔しているんですね。

20140220080345.jpg

上の画像は未公開でもなんでもありませんが、中編の終盤のシーン。コニーが兄のマイケルに旦那を殺害され、泣き叫んでる所です。ここまで来るのにどれだけ再生と停止を繰り返したか……。


しかし悪い事ばかり書きましたが、何も悪い所ばかりではございません。
良い所もいっぱいあります。

20140220075750.jpg

20140220075319.jpg

例えば「テシオ」と「アル・ネリ」。
「テシオ」は元々「ビト・コルレオーネ」の幹部の一人で映画の中では幹部の中で一番影が薄い人物です。
(ちなみに画像の上の方がテシオ。画像の命乞いのシーンを、たったワンシーンで演じきってしまうそのド迫力な演技に感服です)

それが未公開が追加され、ビトが若かりし頃に少しだけですが、テシオや幹部結成までの経緯の登場シーンが増えます。
そこで一気にビトの幹部たちの存在感が増していき、上の画像のシーンがより残酷に見れてしまうのです。


もう一つが「アル・ネリ」。下の画像の人物ですね。警察の格好をして車の運転手にノックしています。
もともと警官だったようで、ある事情で警察を退職し「クレメンザ」と言う幹部の一人にスカウトを受け、ファミリーの一員となります。


その人物なんですが、通常版を見る限り、アル・ネリは必要以上に喋らないクールな人物。

ボスの命令に素直に従い、マイケル・コルレオーネの忠実な右腕です。

20140223141215.jpg

それが未公開シーンにて、アルネリがカジノへ赴き、そこの支配人に「ここは、コルレオーネファミリーが買い取る」と
言うや否や、支配人にパンチ&パンチ!&パンチ&パンチ!

果てはショーの練習をしているステージの人達の前で、椅子の足で顔面を叩き潰そう試みます。


最後は支配人は「わかった、譲る、譲るよ!」と叫んで出て行き、アルネリはその椅子に座り「さあ、ショーの練習を続けろ!」と残酷な一面を見せつけます。

もともと、冷酷な殺し屋なんですが、このワンシーンで「アル・ネリ」という人物像を決定づけるシーンでもあります。


まだ二人しか紹介してませんが、このように未公開を経てゴッドファーザーの映画の人物達がどのような人間性か伺える有意義な物となってるんですね。




……と、長くなりましたが、続いては私が好きなシーンをスクリーンショットで幾つか撮ってみました。
それを紹介して行きます。


20140221173413.jpg

まずはこれ。パート2で物語が動き出す事件でのシーンです。

ここのシーンの何処が好きかと言うと、マイケルが拳銃を持った人物の部下を2人後ろにつけて庭を歩いてるんですが……これはパート1にて、いたって普通の青年だった頃のマイケルを思い浮かべると、そのマイケルはこの時にはもう微塵も存在しない事を表しています。


余談ですが、私も今とは違う仕事をしてるとき……「どんな情けなさそうな爺でも、どんな優しそうな爺でも、どんなボロボロなジャージやYシャツを着てる爺だろうが、後ろに男を連れて歩いてるおっさんには気をつけろ。ヤ○ザの可能性がある」と上司さんから教えてもらった事があります。

仕事上、それに近い人達と出会う仕事をしていたので、勉強になったものです。

20140223141144.jpg

続いてはこれ。前回も書いたのですが、パート2にて母のお葬式の最中、マイケルが妹のコニーと話すシーンです。


簡単に言うとコニーが「兄を許してやってくれ。あの人はマイケルなしではやっていけない」と頼み込むシーンなんですが、画像を見て分かると思いますが、マイケルの考えがまったく読み取れません。

大概の作品はここで許してやる場面なんですが、そこはゴッド・ファーザー。そんな甘い世界ではありません。

20140223141449.jpg

3つ目は。このシーン。
「なんだこれ。ただの会話のシーンの一つじゃないか」と思ってしまう方もいるでしょう。
しかし違います。上のセリフの部分だけでは分かりづらいでしょうが、日本語字幕だけではマイケルはこう喋っています。


「歴史が教えてくれてるじゃないか。この世でたった一つ確かな事は、人は殺せると言う事だ」


これは「ハイマン・ロス」、「ビト・コルレオーネ」マイケルのお父さんの元幹部の一人に向けられた言葉です。

「ハイマン・ロスは大統領並みの警護の中にいて、殺すことは不可能だ」と言う部下の言葉にマイケルがこう言い放つのです。

20140223150759.jpg


そして最後となりました。いや、まだまだあるしあったんですが「ゴッド・ファーザー」を語るとなると、まったく時間が足りなくなるので、今日はここらへんで……。


この場面はマイケルがすべての厄介事を片づけ、その渦中、失った物を思いだすシーンだと……思います。

家族を失い、奥さんも失い、兄弟さえも殺害し、さらに仲間だったものも殺してしまったマイケルはここで何を思ったか……。ここで指輪をしているのも良い味を出してるのが良いですね。



……と、以上、こんな感じで今回は「ゴッド・ファーザー」の感想を終わろうと思います。


やっぱりかなり長くなってしまいましたね。
ゴッドファーザー・ソウルがある人からすれば「何でここを取り上げない!」と怒ってる方もいるかもしれませんが……。一旦はここで終わります。

しかもこの映画を知らない人は、全く面白くなかった可能性がある……。


次からは自作ゲームの進行状況を更新して行こうと思います。

でもまだまだ、こんな寄り道なブログも更新していこうと思ってます。


それでは今日はこの辺で終わります。


人気ブログランキングへ
(著作権等の問題があれば御連絡下さい。
画像などの削除をいたします)
スポンサーサイト

PS4購入しました。。。。。。

こんばんは。オザキショウゴです。


一体何時の話か。覚えている方は少ないでしょうが、私は先日の記事で書いたとおり、根っからのゲーム好きだと書きました。


そしてこのたび私、なんと発売日にPS4を購入しました!
買ってしまったんですよ……。しかも高い方……。

DSC_0040.jpg

何で「買ってしまった」なんて書いたのかと言うと、また先日の記事に繋がってくるのですが、私には遊びつくしていないゲームがたくさんあります。

只今「ファイナルファンタジー10」をやっているのですが、もしPS4にハマってしまうと「ファイナルファンタジー10」で遊ばなくなってしまう……。そんな危機を感じております。


そしてもっと言えば、もう私はお金がありません。来月のお給料の予算分までこのゲーム機器に使ってしまいました。

前回の記事で「ドラえもん ムービーボックス」を全巻揃えると言った自分は何処へ……。


BhESlUhCAAAu-Wy.jpg

ちなみに上が「ナック」のゲーム画面。画像では分かりにくいですが、すごい映像が綺麗でした。

コントローラーの方も中々の手触りで滑ります。ながらで手に持ったりすると滑り落としそうです。

本体の方も指紋がよくべたつき、指紋アートのできあがり! 私が犯罪を犯したときは、このゲームも警察に難事件の手助けとして役立つ事でしょう!

また、電源ボタンなどのスイッチが非常に分かりづらく、リアルに5分くらい探し回りました。
万が一おじいちゃんおばあちゃんだったりすると、4倍の時間が要するもしれません……。


……と、まあ文句ばかり出てきましたがPS4、良いです。もうPS3に戻れません。

今度、ゲームのレビューもしてみたいなあ、と思います。




人気ブログランキングへ

新作ゲーム 立ち絵

みなさあああああああぁぁああん!!!!

ドラえもん誕生まであと98年ですよ!!!!



こんばんは。オザキショウゴです。



いきなり何叫んでんだって考えている方もいるでしょう。
でも叫ばして下さい。何てったってドラえもん誕生まで今年で98年周年記念ですから。

98年に「記念」つける事が出来るのは、「ドラえもん」かマリオのライバルくらいです。



前回の「ゴッドファーザー」を途中まで見たからレビューしてやろう! なんて考えていましたが、途中までしか見てないのでやめました。

だから、その時一緒に購入した「ドラえもんムービーボックス 1998-2004+TWO」について語ろうと思ったんですが、途中までしか見てないので止めました。


しかしどちらも良い映画ですね……。「ゴッドファーザー」も「ドラえもん」も。来月は、もう一つの「ドラえもんムービーボックス 1989-1997」を購入しようか検討中です。

全部で「ショートフィルム版」含め4種類あるようなので、ちょくちょく買っていこうかと思います。




……と、マクラもこのくらいに……

新作の自作ゲームの話をしたいと思います。


sinnkyara.jpg

こちらはそのヒロイン(になるかもしれない)となるキャラクター。
名前はもう考えていますが、まだ公表しなくていいかなって段階です。



今頑張って制作していますが、正直詰まってます……。どれだけやり方をさがしても、BGMの「フェードイン」と「フェードアウト」のやり方が分からないんです……。


最悪なくても良い仕様なんですが「LiveMaker」で出来た事は、全て「NScripter」でやりたいと思ってるんですよ……。

あとフォルダからの音の鳴らし方など……説明どおりやってるつもりですが、中々難しいですね。


すいません愚痴ってしまいました。一生懸命頑張ります。
今日はここらへんで……。


また近々更新したいと思います。


DORAEMON THE MOVIE BOX 1980-1988 (スタンダード版) [DVD]DORAEMON THE MOVIE BOX 1980-1988 (スタンダード版) [DVD]
(2012/09/03)
大山のぶ代、小原乃梨子 他

商品詳細を見る


DRAEMON THE MOVIE BOX 1989-1997 (スタンダード版) [DVD]DRAEMON THE MOVIE BOX 1989-1997 (スタンダード版) [DVD]
(2012/09/03)
大山のぶ代、小原乃梨子 他

商品詳細を見る


DORAEMON THE MOVIE BOX 1998-2004+TWO (スタンダード版) [DVD]DORAEMON THE MOVIE BOX 1998-2004+TWO (スタンダード版) [DVD]
(2012/09/03)
大山のぶ代、小原乃梨子 他

商品詳細を見る




人気ブログランキングへ

ゴッドファーザー・特別完全版

おはようございます。オザキショウゴです。

今日は朝から更新します。


最近テレビを見ていると、全国で雪が降り積もるという話を聞きます。
私の地元でも雪が積もりました。

私は朝方、天気の影響をもろに受ける仕事をしていますのでバイクを運転中、見事に雪で滑り転んでしまいました。単身事故です。

盛大にすっ転んだのですが、地面が雪のおかげか怪我をしなくて済みました。でも雪が振ってなかったら絶対コケてなかったですけど……。

しかし面白いのがバイクでコケた後、見事に体が滑ってサーーっと坂から落ちて行くのが面白かったです。



お話変わって新作ゲーム。
スマートフォン実験版のシナリオも一応完成させ、背景も一応完成し、あとはBGM,効果音を付け足すだけとなりました。
その方法もまた勉強しないといけませんが、近々なんとか完成しそうです。


……さらにお話変わってちょっと変わった物を買いました。

957041085.jpg

「ゴッド・ファーザー 特別完全版」です。

今お店などで販売されている一般の「ゴッド・ファーザー」ではありません。
DVDなどでは発売されておらず、ビデオ・LDのみで販売されていた物です。(現在は廃盤)

「ゴッドファーザーパートⅢ」公開記念に発売された品物のようですね。


内容はストーリーを映画の物から再編集し、本編ではストーリーの流れの年代がバラバラでしたが、完全版では年代順に構成され(簡単に言うと「ロバート・デニーロ」「マーロン・ブランド」「アル・パチーノ」の順番でストーリーが進みます)、さらに未公開シーンを70分ほど追加された超大作なビデオと化しています。


本編その時間、なんと7時間以上!


見る前にはしっかり睡眠を取り、食事、喉を潤し、トイレも済まして置く必要がありますね。


この映画自体、世界中の色んな人に語りつくされているので、何を書けば言えばいいのか分からないのですが……

私はこの映画で一番好きなキャストは「マイケル・コルレオーネ」演じる「アル・パチーノ」。


アル・パチーノ自身、色んな映画に出ていますし、私も彼の映画を幾つか見た事ありますが、
頭の中で「アル・パチ-ノ」を想像すると「ゴッドファーザーパート2」にて終盤、子供二人の前でコニーと会話するソファーに座ったアル(マイケル)を想像します。


あの表情が分からなく、何を考えてるのかも分からない……冷酷なオーラを出している雰囲気が好きなんですよねえ……。


……とまあ、お話が長くなってしまったのですが、こんなビデオ買ったよ! …と言うお話でした。



最後に……今日夜21時~23時、「デジタルノベルを語る会」の第1回目をチャットにて開催するようです。
ちなみに私も参加予定です!

誰でも参加自由、発言良し、覗くだけでもオーケーとの事ですので、もし興味がある方はリンク欄から「デジタルノベル普及の会」から詳しい事をご覧ください……。





人気ブログランキングへ
(著作権等の問題があれば御連絡下さい。
画像などの削除をいたします)

自作ゲーム、未公開パート2 ……ある女性の伝説のお話。

kuyou.jpg

こんばんは。オザキショウゴです。

今回も前回に引き続き、自作ゲームに使わなかった写真をこの場に公開してやろうと更新します。


上記の写真の場所は、「1月18日に更新した」看板のある場所を引きで撮った物です。

ちなみにこの写真には写ってませんが、右側にその伝説の人物が住んでいた建物跡がありました。


写真をさらに拡大してみましょう。

kizyo.jpg

ここで鬼女が供養されています。


もうほとんど自作ゲームとは関係ない話なんですが……この村には鬼女「紅葉」と、言う人物が伝説の人物として語られています。

そして「紅葉」と言う人物は、中々のあくどい女のようで。

完全にwikipedia参照さしてもらいますが、簡単に説明しますと……当時「京」で悪い事をしてしまった紅葉が、この村にまで追いやられまして……しかし紅葉自身「京」が恋しくて、再び「京」に上るために軍資金を稼ぐため近辺の村を襲っていたようです。

その話が「京」まで伝わり、一人の男がその紅葉を倒すべくこの村にまでやって来た……。と、いうお話です。



ちなみに「紅葉狩り」という言葉はこの時にできたようです。



しかも紅葉自身、相当「京」の都市が恋しかったようで、この場所の辺りには「京」に因んだ名前がつけられている。……と、wikipediaで書いてありました。

kyou2.jpg

恐らく、この写真の事を言っているのだと思います。
決して東京を「とうきょう」と読んではいけません。東京と書いて「ひがしきょう」と読みます。



しかし、面白いのが紅葉と言う人物。伝説上の人物なので実在していないと思うのですが……。
取材旅行中、供養塔があったり、御墓があったり、紅葉自身名付けた地名があったり、紅葉が住んでいたと言われている建物跡があったり……まるで本当の歴史上の人物の足跡をたどっていたような旅行でした。


ただ私自身も、この伝説上の人物の跡地を全ての場所を回れた訳でなく、正直この人物について知恵は浅い方です。

「ハイ質問!」なんて言われても、多分これ以上の知識は答えられません。スイマセン。
寧ろ教えて頂きたい方だったりします。

この村でもう一泊して行きたかったなあ。と言うのが正直な感想でした。



……と、言う訳でどうだったでしょうか。



何だか変なお勉強会になってしまった感があるかもしれません。
しかも「支離滅裂で意味分かんなかったよ」と言う意見もあるかもしれません。


まだ、もう少しだけ未公開になった写真が残っています。
余裕が残ってる方は、あと少しだけお付き合い下さいませ……。





人気ブログランキングへ

動脈と静脈/after 未公開の立ち絵を公開

こんばんは。オザキショウゴです。

前回ブログを更新したのが2月1日。
……と、言う事は5日ぶりの更新となしました。

最近どうも忙しく、中々更新が難しくなってきましたが頑張っていきます。



……てな訳でして! 今回は「動脈と静脈/after」の未公開立ち絵イラストを公開しようと思います。

それがこれ↓
千早 2

千早の白衣姿。
ちなみに下半身はゲーム画面には映らないので適当です。


もしかして自作ゲームをプレイして下さった方は「あれ? これ使ってたよ!」と、思われる方もいるかもしれません。

しかし良く見るとどこか違います。何処が違うか……。
そうです! この千早、なんと黄色のTシャツではなく、赤色のTシャツを着ているのです!


今回「動脈と静脈/after」の千早のイメージカラーは赤色だったので、白衣姿のTシャツも赤色にしようか迷ってたのですが……。
結局前作の「動脈と静脈」でも着ている黄色のTシャツを採用してしまったのでした。


でも、何だかんだで黄色を採用して良かったと思います。
何だか仕事着まで赤って「お前どんなけ赤色にハマってるねん」と、ツッコまれてしまいそうですもんね。(誰に?)


ちなみに私は自作ゲームを作ってきた中で、このキャラクターが一番好きです。

一番私自身に一番近い存在でもあり、一番なりたい理想像の一つでもある性格をしているからでしょうか。

誰にでも遠慮しない、媚びない大雑把な器。誰にでも遠慮しない口調。でも何処か繊細で。
何が起きても、決して動じないように……見える落ち着き。でも心の中では焦ってて、ちゃんと人間らしさを持った性格をしています。


なんか自分の作ったゲームに何浸ってんだって思ったら、なんだか気持悪くなってしまいました。スイマセン。

今日はこのくらいに……また近々更新したいと思います。




人気ブログランキングへ

他の作者様のフリーゲームをプレイして思った事……

こんばんは。オザキショウゴです。


つい最近、他の作者様が制作したフリーゲームをプレイさせてもらいました。
レビューは違うサイトの方でさせてもらったので、今回は内容ではなくゲーム自体で思った事を……。


……実は私、ノベルゲームを作ってる身分でなんですが、ノベルゲームをプレイするのが苦手意識があったりします。

長時間プレイしていると途中で疲れてしまい、止めてしまうんです。

61GucV4TZGL__SL500_AA300_.jpg  61FWwrI0L+L__SL500_AA300_.jpg

面白いと評判のPS3版『クラナド』も途中で止めてしまい、
同じく評判のPS3版『うみねこの鳴くころに』も面白かったのに途中で止めてしまい、
PSVITA版『フェイト・ステイナイト』も冒頭5秒で止めてしまい、
時々自作ゲームの「『動脈と静脈』はひぐらしと雰囲気が似てるね」と言われるので体験版『ひぐらしの鳴くころに』もプレイしようと思ったのですが、前半部分が長すぎて止めてしまい、
あのフリーゲームで名作の中に入る「NOeSIS」も結局途中で止めてしまうと言う……何とも根性がネジ曲がった性格をしています。(不愉快にさせてしまった方、スミマセン)


しかしそんな中出会ったのが、あるちょっとした中編のノベルゲーム。

「ああっなるほど!!!!」と、思いました。こいつはある意味革新です。



今まで長編ノベルゲームと付き合っていた私としては「中編」ノベルとは物凄い画期的でした。
別に中編だからとストーリーが縮こまってる訳ではなく、短編ほどあっさり終わる事でもなく、
何より長時間、腰を据えてプレイしなくても良い。と、言う事です。


やっぱり長時間物は、「こいつをクリアするぞ!」と、一つの壁を登り切るような心構えが必要ですもんね。



完全な私の勉強不足のせいですが……ほとんど市販ノベルゲームしか遊んだ事が無かった私としては、長時間の物が多いので勝手に「ノベルゲーム=長時間」。と、言う図式が出来上がっていたようです。


それにやっぱり他の方のフリーゲームをプレイして思った事は「クオリティ高い」です。
無料ゲームだからと妥協はせず、上手にプレイヤーを騙してきます。そして上手にプレイヤーを穴に落としいられますね。

素材などの使い方も巧みで「ああ、ここでこんなウェイトの使い方もあるのか」とか「立ち絵をこんな風に使うと、こういう風に見えるのか」と勉強になります。音楽の使い方までナイスチョイスで驚きました。




とりあえず、もっと自分自身の作品を見直さなければなあ。と思った次第です。
これに終わらず、もっと色んなノベル物に手を出していきたいと感じました。



最後に……自室のタンスが内側からドンッッ!!と音がしました。
めちゃくちゃ怖かったです。




人気ブログランキングへ
(著作権等の問題があれば御連絡下さい。
画像などの削除をいたします)
プロフィール

オザキショウゴ

Author:オザキショウゴ
連絡先は↓までお願いします。
「shogoozaki1229★yahoo.co.jp」
★をアットマークに変えて送信して下さい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
ツイッターです
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR