スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新作ゲームの進行状況

どうも皆さんオザキショウゴです。

日数的には3日ぶりですが、ほとんど4日ぶりのブログ更新です。





新作ゲームの進行状況なんですが、もうほとんどシナリオは完成しました。
あとは無駄なシーンの削除、誤字脱字のチェック、前作との矛盾点がないかのチェックです。


そこから立ち絵や、今作から1枚絵など入れて行こうと思ってますので、まだまだやっとスタートラインに立てた所でしょうか。



お話変わってひっさしぶりに前作のシナリオを「メモ帳」を起動して斜め読みしてみました。


読みながら色々思う所はあるのですが、やっぱり一番感じることは
オマケシナリオをもっと作りこみたかったなと言うところでしょうか。



プレイした方は分かりますでしょうか。
千早・茜に重点を置いたシナリオです。



私的にはもっと「千早にはもっとどん底まで落ちてもらって」「智子にはもっと幸せな家庭を味わって欲しかった」んですね。

落ちる所まで落ちて行く千早。一方ではどんどん幸せな味を覚えて行く智子。
「ゴッド・ファーザー PART2」のような流れを作りたかったんですが……。(誰が分かるんだって話ですが)
それをやりきれませんでしたね。イエス!


そして何よりシナリオは「千早」ではなく「茜」にもっとピックアップさせたかったですし「茜」や「長谷川」自体をもっと深く掘り下げたかったんです。




何故「茜」は足が速いのか。「長谷川」は何故西部好きなのか。





完成版では軽く触れられてる程度なんですが、そこをもっと掘り下げたかった! 
……でも、その二人をピックアップさせようとすると、どうしても途轍もなく長いストーリーになってしまうので……。
長くなってしまうとプレイする側も飽きてしまうんじゃないか、逆にその全体のお話自体にまとまりが無くなってしまうんじゃないかと思い、泣く泣く千早に目線を切り替えてシナリオ自体も変更させてやったんです。




これをバカヤロー変更と言います。テストに出ますよ。










吉田内閣もびっくりですね。もちろんテストには出ません。




人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

新作ゲーム 進行状況(?)

クマ
どうも皆さんこんばんわ。オザキショウゴです。


上記の写真は、次のゲームの取材場所。

……2日に一回を目標にしているこのブログも、なんと日にち的には4日ぶりの更新となってしまいました。
すいません…。


……と、どうせだからもう言ってしまおうと思うのですが、そろそろこのブログと少し距離を置こうかしらと思っております。



ここで誤解のないように! 別に飽きたからって訳ではございません。




何故かと言うと新作ゲームに集中したいからですね。
実は私は一回記事を起こすたびに30~1時間。遅い時は2時間弱ほど時間を費やすというハードスローペースのキーボードの腕前だったのですね。





私だって曲がりかりにも社会人。
それだったらその時間だけでも新作の方に時間を費やした方が良い! ……と思いまして。








……と、言うのも建前。



実はの実は……最近凄いブログの記事を見てしまったのです。








私自身好きなフリ-ゲームを作っている作者様のブログを覗く事があるのですが……そこでとんでもない物を見てしまったのです。



何と、次の新作ゲームの取材場所が思いっきりカブっているのです。



もちろんコチラは弱小個人ゲーム制作作者。

しかしアチラはどうやら正式に「ノベル化」もしている大型エンジンを積んだ大御所の作者さんです。




「これは、パクリだと思われてしまうかもしれない……」


アチラ様もまだ正式にそこの取材場所を舞台にゲーム化するのかは分かりませんが、私は当たり前のようにそこを舞台に! と考えているのです。


さっきも書いたのですが、コチラ様は「弱小」アチラ様は「大御所」です。

万が一の事だってありえます。



しかし私自身、それをきっかけに舞台もストーリーも変えるつもりもございません。

ですから「このゲームはパクリだ!」と思われないように、少しでも早く私はアチラ様より先にゲームを出さなければいけなくなりました。


そんな訳で、この事を理由に今回少しこのブログとの距離を置かして頂きたいと思います。
万が一、億が一ここのブログを見ていてくれていた方……ごめんなさい。




……と、言っても、別に極端に更新回数が減るって訳ではございません。

4~5日、もしくは週1ペースに更新して行きたいと思ってます。





人気ブログランキングへ

「黒と白」 答え合わせ。

ta.jpg

こんばんわ。オザキショウゴです。


もう「黒と白」が配信されて3か月ですよ。
これは何時か、何時の日かネタバレしようと思っていたのですが(すっかり忘れていた)そろそろ答えを言ってしまおうと思います。


誰が覚えていますでしょうか? 私は過去のブログにて、このゲームにはある「クイズ」がもり込まれてると言いました。

でも「ふりーむ」の説明欄にはあえて記載しませんでした。
それぞれの感じ方が欲しかったからです。





……と、言う訳で「黒と白」のクイズの答えを言います。

もし「まだプレイしてないよ!」とか「黒と白? なんだそれ!」と、言う方は、是非この記事は目をそらして頂きたいです。

……それでは「黒と白」の答えはスクロールを下へお願いします……



























……もう大丈夫かな? それじゃ、答え合わせです。







「黒と白」の世界観は「鉄腕アトム」です。

「黒と白の」年代は2003年 夏。

アトムの誕生日は2003年04月07日。

アニメは分かりませんが、原作のアトムはロボットになっても小学校に通う普通の男の子の設定でした。
そして「黒と白」は「女の子」は「アトム」に恋をしたという設定から始まります。



一回目の女の子の告白は、「男の子(アトム)」自身学校に束縛させ、学校に留まるよう説得しました。
アトムは女の子の約束を優先させ、そのおかげで皆を巻き込む悲劇が起こります。


2回目の告白は、「女の子」は「男の子(アトム)」に話しかける勇気が出ず、しかしそのお陰で事件は表に起こらずじまいに事は終わります。



この物語の核「黒と白」のお話は、アトムが北の国に乗り込み「核」を破壊します。




そしてエンディング。「女の子」が「男の子(アトム)」に告白してエンドです。










……どうだったでしょうか? 
人気のかけらもない「黒と白」でしたが、実はこんな裏設定が設けられてました。


ほとんど自己満足の裏設定でしたが、遊んでくれた方は、これで満足してくれたでしょうか。



……もし「まだ分からない個所がある!」と言う方。……すみません。それはもしかしたら私の説明不足です。
何分、今薬を飲んでもの凄い頭がボーっとしていて……鼻炎の薬のくせに、中々ハードです。



「あ、あそこ説明するの忘れてたっ」て思いだすかも知れません。

その時は、この記事を更新する事にします……。



人気ブログランキングへ

ぶっきらによろしく

こんばんわ、オザキショウゴです。


いきなりですが皆さん、「ブ〇〇〇によろしく!」という問いをされれば何と答えますでしょうか?



恐らく多くの人が「ブラックジャックに宜しく」と答えるでしょう。




しかし違います。今回紹介したいのはコチラ
        ↓

07053427.jpg


「ブッキラによろしく!」

手塚治虫漫画です。


ご覧の通り(?)フルチンな人妖怪男の子「ブッキラ」が主人公の漫画で、その他男の子の相棒であるアイドル「根沖(ねおき)トロ子」と、パパラッチの3流記者である男「ロック」の3人のドタバタコメディ物。



ちなみにストーリーは主人公である「ブッキラ」中心にほとんど回る事はなく、ほぼ全てが「トロ子」中心に回って行きます。



それには理由があり、その「根沖トロ子」が「異常に我がまま」で「中途半端に霊感がある」と言う漫画ならこれ以上ないくらいのトラブルメーカーなキャラクターだからです。

また「ありのままに現場の空気を汚したり」「演技も下手くそであり」「何時も眠たそうな目をしてる」所から、さらにキャラクターがこれ以上ない位際立ちます。

「トロ子」が「ブッキラ」の相棒である理由も、霊感や勝手気ままな性格あたりにあったような。




そんなの2人の前に現れるのが先ほど名前だけ出した「ロック」と言う男。



当たり前ですが、そんな使えない「トロ子」が何故か世間では、トップアイドル並みにテレビに出て、当たり前のようにテレビスタジオに居座っています。


「何故か?」そこにロックは目をつけ、アイドルトロ子に接触を図ります。


ちなみにそれが彼の不幸の始まりでもありました。



……とあらずじはこれぐらいに、全体の流れとしては基本的に前半は「ロック」が2に接触に諮り「トロ子」とトロ子を影から支える「ブッキラ」に軽くあしらわれて終わるパターン。
後半は「トロ子」が霊感関係でピンチの局面、「ロック」が美味しく登場し、最終的に結局ピンチに陥ってさらに美味しい所で「ブッキラ」に助けられる、というパターン。



当時の路線変更の関係か、結局後半「ロック」がいるのかいらないのか良く分からない位置に置かれる事になるのですが……さっきもお話ししたように「ブッキラ」自身は美味しい所役でほとんど出番はないので、その分全体の後半は「トロ子」と「ロック」の関係性をピンチの局面に押し出される事になります。



どうでも良いキャラのハズなのに、妙に印象に残るどうでも良い主人公グループの3番手「ロック」。



そこから何となく女性層も取り入れたのか、今でもヤフーなどで検索すれば二次イラストの「ロック」が何枚か出てきます。


女性でも手軽に読める手塚作品「ブッキラによろしく!」
よかったら一読してみてはいかがでしょうか。







人気ブログランキングへ
(著作権等の問題があれば御連絡下さい。
画像などの削除をいたします)

大日本人の感想です。

51P4TaUWtPL.jpg
 
を見ました。


どうもこんばんわ。オザキショウゴです。


世間は「松本人志」作品「R-100」が上映されている中、ついこの間衛星放送で「大日本人」が放送されていたので見てみました。
私自身この映画を見た事が無かったので、少しドキドキです。




 ぶっちゃけ面白かったです。




インターネット内の評価は散々で少し不安でしたが、それを退けるだけの笑いが本編の中にはあったと思いました。


ただ、人を選びます。

下ネタも多いですし。




あと大事な事がもう一つ。
「笑い」に対して何処まで考えてるか……それで笑えてくるか笑えないか変わってくると感じました。




これは説明するのが凄い難しいんですが……しかもこれを説明してしまうと「何処が面白いねん?」と間違いなくそんな感想をもらう事になってしまうので、もうこれは本当に理解してもらうしかないんですが……。

例えばバラエティ番組でも、面白いボケが一つあったとして、それで自分がそこで笑ったとして「何故そこで自分が笑えたのか」または「なるほど! ここでこう来たから笑えたのか!」「自分はこういう笑いに弱いんだなあ」と思う人もいれば、分かりやすいフリがあって、分かりやすいボケもあって、客の笑い声や字幕がバッと出て来たので、何となく笑う人もいると思います。(別に貶してる訳ではないです、ごめんなさい)


もう一つは心の中でツッコめてるか。ではないでしょうか。


「何でそこでそうなるねん!」「そこは、そうと違うやろ!」「ああー、噛んでしまった!」
出演者もツッコまない、細かいボケにツッコんでるか……そこがこの映画の面白い、面白くないの分かれ目じゃないかなあと。





……まあ、もう一回見れば私自身の感想も変わってくるかもしれませんが。






別に本人から聞いた訳では無いので確信持って言えないのですが、これは「現代版ウルトラマン」の地球人版。をリアルに再現した映画だと思ってます。



本編の中では、いわゆるツッコミはほぼ存在していません。ちょっと現実と違った日常の中にある落とし穴のようなボケがいっぱい出てきます。そこで気づけるかどうかが大事なんではないでしょうか。


しかもそのちょっとしたボケにツッコんでしまうと面白みがなくなってしまうんですよね。
わざとらしくなってしまうと言うか、寒くなってしまいます。痛々しい。

また、この映画自身フリ幅が小さい笑いもあるので、そこに気づけるか気づけないかも大事だと思います。



ただ悪いところもありました。
例えば単純に主人公の大佐藤役の松本人志の演技が下手とか。
怪獣が気持ち悪すぎて少し画面に直視できなかったりだとか。
まだ他にも幾つかあったような気がしましたが、忘れてしまいました。



あと私にもわからない所もありました。
終盤のシーンです。
「何故最後はああしたんだろう」と頭を悩まされます。
見た方なら分かりますが、確かに「ああいうシーンだったら、ああいう事すると面白い」事は分かってるのですが「ああいう事をする意味はあったのか?」……と言う事です。


中々の難解です。でも逆に「別に何も意味なんてないよ」とハッキリ言われたら、それも逆に面白いんですが。






……とか何とか生意気な事をたくさん言ってしまいましたが、まあ映画なんて100人いて100人違う感想があると思うので、皆さんが見て感じた事が本人にとって正解じゃないんでしょうか。

だからあの映画も賛否両論で良いと思いますし、他人の意見に振り回されて見るような映画では無いと思いました。
是非見てない方は、一度ご覧あれ……きっと「なんじゃこりゃあ!」と、松本ワールドに驚く事間違い無いですよ。




最後に……前回、新作の自作ゲームを発表させてもらいましたが、なんと拍手を頂きました!

ありがとうございます。これをモチベーションに新作ゲームを完成させて行こうと思います!



(著作権等の問題があれば御連絡下さい。
画像などの削除をいたします)

人気ブログランキングへ

ホームページ更新しました。

皆さんこんばんは。オザキショウゴです。


最近、3日に一度の更新が多くなって来てしまったこのブログ。

昨日は疲れすぎてブログ更新できませんでした。
ですから言わせて下さい。 これはサボってる訳ではないと!




……と言い訳はこれくらいに、そろそろ本題に向かいます。




私のホームページを更新しました。

追加したのは新作のゲーム紹介ページ。



先日このブログで「短編、中編、長編を一つずつ構想を考えてます」と書いたのですが、その長編の方のゲームページです。




ゲーム名はまだ仮名ですが「動脈と静脈/Artery&Vein after」。





過去作に制作した「動脈と静脈」の続編です。

万が一、億が一完全新作を期待したって方! すいません。

まだまだ制作過程で、いつ完成するか目途さえ立ってませんが気長に気楽に制作中です。






まあその、ちょっと暗い話なのですが……極端な話をすると全体的に言える事なのですが、前作の「動脈と静脈」自体、ほとんどの方に遊んでもらってないので「それを続編を作って誰が遊ぶんだ」とか「こんな自己満足作品、誰が楽しみにしてるんだ」って時々ネガティブな事を考えてしまうのですが、そこは気にしない方向で行こうと言えます。




だからこれとは別に、あと2作品くらい続編を作ってやる勢いで作ってやる勢いです。



最後に更新したページですが、右側のリンク「Substitute」から見れます。
まだ制作中で見せれる段階では無いですが、これから更新予定ですので宜しければどうぞ。




人気ブログランキングへ

火の鳥・望郷編にビックリ。

皆さんこんばんわ。 オザキショウゴです。


どうしても忙しく、またもや昨日ブログを更新できませんでした。

いやあ、人生って上手くいかない物ですね!!!!
(と、無理矢理テンション上げてみたり)




生きてると色んな事が起きます。



この間、まさしくそんな事が起きました。

知ってましたか皆さん?



「火の鳥・望郷編」。なんと角川文庫版は……90ページ近くのカットがあるらしいのです!



これは驚きです。しかもそれだけに留まらず、「ノヴァ」と言うキャラクターまでカットされているようですね。



それじゃあ私の今まで知っていた火の鳥は何だったのか……。
……と言う訳で、amazonで「火の鳥・望郷編」を新たに購入。
出版社は火の鳥を発売された中でもすこぶる評判の良い「朝日新聞出版社」版。



まだ実際詳しく比べて見ていないのですが、確かに違います。全然違います。
書きかえられたり、カットしたりされていたり、逆に「角川版」の方にページが追加されてる所もあるようです。


私の記憶では確か「ロミ」と言う女性がが宇宙で「若い男性」と「コム」と言う宇宙人の旅だったのに、実際はもう一人「ノヴァ」と言うキャラクターが存在していました。


私自身、これを見てしまった限り「もう角川文庫に戻れねえ……」ですが、人によっては角川文庫にも良い所はあります。


もし「朝日新聞出版」から手を出してしまった方は「うわ、こんな所もカットしてるのか!」と楽しむのも良いかもしれません……。




人気ブログランキングへ

色々考え中。。。


どうもこんばんわ。オザキショウゴです。



今、新しいゲームのストーリーを考えています。
2つ3つ一気に出せれないかなあって思案中なんですが……



一つは長編なのだそうです。


もう一つは中編。


さらにもう一つは短編。





簡単に言えば、長編中編短編一つずつ考えてます。





長編の方は大体シナリオが出来て来てるので、近々ホームページの方で専用ページを制作できたらなあと思います。


でも進行ペースが遅いので、なにぶん完成が時間かかるかもしれません。





人気ブログランキングへ

立体パロラマステレオビューア「pan-pet」

 どうもこんばんわ。オザキショウゴです。


懐かしい物シリーズ第2段ですよっ!!!!
(……と無理やりテンションを上げて見たり)






前回はPHP松下幸之助「道を開く」のタイムカプセルを紹介しました。




500DSC_0095.jpg

今回紹介するのは「pan-pet」と言う立体パロラマステレオビューア。
(きっと)当時では未来的な品物だったのでしょう。



これは双眼鏡の要領で中を覗き、内蔵されている写真を鑑賞できるようになっています。


なるほど、普通に写真を見たって面白みが無いですからね。
写真を見る方法も近未来です。さすがpan-pet。さすがっ。







所で皆さん、中の写真を見たくないですか?





まあどっちでも言い方も是非見たい方も見て下さい。
幾つか携帯で撮ってみました。



500DSC_0096.jpg


一枚目はこれ。いきなりどこの建物か分かりません。

多分左横は日立の建物かと思います。
地図を調べてみますと、左の建物が日立館だとすると真ん中の白い丸っこい建物は「みどり館」かと思います。


500DSC_0097.jpg

2枚目は大阪の顔の一つ「太陽の塔」。当時は現在のように全体像を見られる訳では無く、何か建物で囲まれてたようですね。

500DSC_0098.jpg

3枚目もまた太陽の塔、ナメから見た画です。青空とツーショットでより美しく見えます。


500DSC_0099.jpg

そして最後の4枚目は……何処かは分からないんですが、何処かの写真です。


真ん中にある道では、電気自動車は走っていたようですね。
かすかに見える白いあの車が電気自動車なのでしょうか? 



また、この写真には写ってないと思うんですが「モノレール」や今では空港などで御馴染の「自動で動く歩道」が設置されていたようです。







……どうだったでしょうか? もしかしたらまた、性懲りもなく昔の万博の話をするかもしれません。

楽しみな方もそうでない方もお楽しみに……



人気ブログランキングへ

雨の夜

DSC_0038a.jpg


どうも皆さん、雨ですね。この時期、雨が多いですね。


でも今日は凄く暑かったです。しかも上の写真は最近の雨の写真でもありません。
さらに別に最近雨が多いわけでも無いですし。




二日前、ブログを更新したと思っていたんですが、全然できていなかったようです。
……二日に一回ブログを更新する事を目標にしてたんですが、時々忘れてしまいますね……。
万が一、億が一ここを見ていてくれている方、どうもすみませんでした。





お話戻しまして、上の写真は何時かの写真……たしか台風18号かそこらあたりの頃の写真です。
はい、このブログはそんな過去の事も書いていくよ!



私自身上の写真のような真夜中の雨の中、車が通り過ぎる瞬間など明かりに照らされた雨が好きなのです。(分からない方すみません……)



それを表現したい! って思い、雨の中携帯電話をわざわざ取り出して撮ってみると……



見事失敗。よくあるようなドラマのような再現は無理でした。








でも考えて見ると、「雨の中」照らされた雨が好き……

これ、もしかして雨の中で撮らないといけないのかな……じゃあそれを撮るのは無理かなって思った当時の私でした。








人気ブログランキングへ

40年以上前のタイムカプセルを開封。

皆さんこんばんわ。オザキショウゴです。


今回は皆さんに、少し過去に戻った気分になってもらおうと思います。

それはこれです。
  ↓
500DSC_0071.jpg


タイムカプセルです。
今から43年前、大阪では万博が行われていました。
その時期にカラーテレビを買うとオマケでもらえていた(らしい)品物。


500DSC_0068.jpg

下の固定させる足置きも外す事が可能です。

そして
いよいよ開封……。



500DSC_0067.jpg

何と中は、万博の松下館のミニチュアが。

さらに仲を開けると……


500DSC_0063.jpg

宝箱が入っています。

さあいよいよタイムカプセルの最深部を見ていましょう。

宝箱の中身は…………



500DSC_0062.jpg




PHP松下幸之助の「道を開く」が入っていました。

ここでがっかりしてしまった方、ご安心を。



何とPHP松下幸之助の「道を開く」。
何と何と中身はちゃんと読めるようになっています。

実は写真には無かったのですが、松下館と宝箱の間には、ルーペが入っていてそれでPHP松下幸之助「道を開く」を読めるようになっているのです。

凄いですね。PHP松下幸之助「道を開く」。侮ってはいけません。


それじゃあ本の中身は……


それは秘密です。
是非あなた自身の目でご覧下さい。



……決してPHP松下幸之助の「道を開く」の本の中身の写真を撮るのが面倒くさい、とは絶対言えないですね。




オマケ。

500DSC_0066.jpg
500DSC_0064.jpg


松下館と宝箱の全体像でした。



どうだったでしょう。
昔に戻れたでしょうか?

戻れなかった方もいたでしょうか?




もしかしたらまた引き続き懐かしい物を掲載するかもしれません。
是非どちらの方もお楽しみに……。



人気ブログランキングへ
プロフィール

オザキショウゴ

Author:オザキショウゴ
連絡先は↓までお願いします。
「shogoozaki1229★yahoo.co.jp」
★をアットマークに変えて送信して下さい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
ツイッターです
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。