夜が来る。。。。。。。

こんばんは。オザキショウゴです。


私が更新している時間は水曜日……ではなく、もう木曜日です。土日が休みである方は、月曜日と並んで一番辛い曜日なのではないでしょうか。


そんな夜は少し夜更かしするに限ります。


img_01.jpg



そして、少しの音楽と少しのお酒で、より気持ち良い夜にしたいものですよね。


そんな訳で、私もちょっとした社会人。
お酒の夜更かしにちょうど良い、音楽を紹介したいと思います。











まずは一曲目。映画で、新しい世代にも知られる事となった「stand by me」
知名度はレジェンド級ですか。世界中の人が知ってますよね。



私はこの曲を聴きながら、時々昔の友人や楽しかった思い出を懐かしみながら、ウイスキーを飲んでいます。



昔が恋しくなったら、まずはこの曲でしょう。








続いてはこの曲。ジョー山中さんの「人間の証明」。


一人酒には特に持ってこいでしょうか。
恥ずかしながら、少し泣きたいときに、この曲は必須です。






母さん。私の麦わら帽子は何処に行ったんでしょう……。
いえ……。これは禁句でしたね。






さあ、続いて三曲目です。

マーヴィン・ゲイ 「Lets Get It On」




あてのない光が見えない時に、聴いてます。

皆さんの気持ちがハイになった時、是非聴きましょう!


そしてどうでもいい情報……「ジャック・ブラック」が歌う「Lets Get It On」もオススメです!
聴けるタイミングがあれば、是非聴いてみてください!









そして最後です。
忘れてはならないのは何と言ってもこれ。


サントリーオールド「夜が来る」。


今までも、そしてこれからも、様々な悩みを抱えた社会人の気持ちを癒してくれるお酒である事は間違いありません。

私もオールドの飲み始めは、何時もこの曲を聴いてます。



この曲を聴くだけで、お酒を飲みたくなる人もいるのでは……?


「一人酒をするなら、こいつを聴け」と、言うアンケートランキングがあれば、この曲が1位になる事間違いなし。


間違い無いんだし!





……どうでしたか。
皆さんにあう曲が一曲もあれば、幸いです。




そしてこのブログを更新している時間は、真夜中……。




私も、ちょっと休憩がてら、一人酒でもするとします……。




<追記>
ジャックブラックの歌う「let's get it on」が見つかったのでアップしておきます!








人気ブログランキングへ
(著作権等の問題があれば御連絡下さい。
動画などの削除をいたします)
スポンサーサイト

よくCDを購入、レンタルしようと踏み切る時に感じる事

こんばんは。オザキショウゴです。


昨日、何気なく「ふりーむ」様の「ダウンロード解析」を覗いてみたんですが、賞を受賞した後としない前のダウンロード数の違いに驚きました。


……これはもう、BGMの質を「wave」から「ogg」にまで落として容量削減をしよう! ……と、重い腰を上げたのですが、なんと「動脈と静脈」の当時の開発していたデータが見つかりません!

いや、正確には見つかったのですが、どうも最終更新日が古いのです。

「動脈と静脈」の公開日が「2013年07月20日」なのですが、その古いデータの最終更新日が「6月13日」。


中も覗いてみたのですが……う~ん、やっぱり違うかなあ。と。

前々から「あれ、何処にやったかな?」と、思ってはいたのですが……どうにも外付けハードディスクを購入してから、あのデータの居場所が怪しかったような……。

……とりあえず、もしデータが見つかれば「動脈と静脈」のデータをアップして、容量を削減する予定なので、よかったら期待しないで待っていてくれたらと……。


――――――

で! そんなこんなで本題。
今日のブログのタイトルを見ると「お前何言ってんだ?」と、思われるかもしれません。
でもそのまんまです。今日は「CDを購入、レンタルしようと踏み切る時に感じる事」を書きたいです。

(ただ、今回は一つの仮説と言う事で……。聞いた話をそのまま鵜呑みにして書いてる所が多数あるのでご注意を……)




今、皆さんの年齢はおいくつでしょうか? 恐らく今まで生きて来た人生で「ポップス」「ロック」「ジャズ」「オーケストラ」など色んな曲を聴いてこられた事でしょう。

その中で今回「ロックンロール」のお話をさせてもらいたいのですが……。(……と、言うか私はロックしか知らない……)


皆さん、たま~にあると思いますが「あれ。こいつのロック、何処かで聞いたことあるぞ」と思いになった方もいるかもしれません。


「そうだっ。この曲、〇〇の曲に似てるな……」

その通りっ。今の大概の曲ってのは似たり寄ったり。何処かのミュージシャンも結局は誰かに憧れてプロになり、誰かの曲を参考に曲を作ります。

その憧れの的になったミュージシャンだって誰かに憧れてプロになり、誰かの曲を参考に曲を作ったり、作らなかったりします。

曲ってのはその繰り返しで今の音楽があるんですね。


……で、そこで当然の疑問なんですが、その原点にいるのは誰なのか? って事になると思います。





答えは簡単です。

615C7P4pmdL__SL500_AA300_.jpg


「ビートルズ」です。



「ボブ・ディラン」も? 今回は「ビートルズ」の話をさせてください……。

上記の話をそっくりそのまま話していた、私の先輩は「結局はビートルズが全部やっちまったからな~」と、ミュージシャンでもないのに、よく言ってました。

でもそんな話は違う所からも、チラホラ聞きます。



もちろんビートルズだって当時の先輩からの曲を参考にしたりしていたハズです。

「ジョン・レノン」も「チャック・ベリーこそがロックン・ロールなんだ」と言ってた程ですから。


しかし彼らにはそれらの曲をまったく新しい物に作りかえる力があったのでしょう。
彼らの曲は「ニューミュージック」(記憶違いだったらスイマセン……)として、世界中で人気を博しました。



そんなビートルズはまったく新しい曲を作りました。いや、作りすぎたのです。

「これじゃあ、後から出て来た俺たちはどうすれば良いんだ!?」と、後輩ロック歌手たちは思ったでしょう。

聞いた話では、大のビートルズファンになってくると、曲を聴いただけで「ああ、これはビートルズ。これもビートルズ。これもビートルズのパクリ!」と、分かってしまうようです。





……話を戻しましょう。


そんな「ビートルズ」(ビートルズファン曰く)だらけになった現在の曲。

もう何処の店に行っても、敢えての場合も、知らず知らずのうちの場合も、皆ビートルズの影響を受け継いだミュージシャンだらけのCDになってしまいました。

曲に関して言えば、パクリだけどパクリじゃないように作ってしまう他ありません。


しかしビートルズの真似をしないで済む物があります。



それは「歌詞」です。(これを言いたいがために長かった!)



歌詞ってのは不思議な物で、その人にしか書けない心情、メッセージ、世界観などがあります。


「お、この人の歌詞……引きつけるなあ」と、感じるミュージシャンはたくさんいます。


代表的で言うなら「さだまさし」さんとかそうですよね。


曲に関してはもう、仕方ないとして私は「ああ、この歌詞は、この人しか書けないんじゃないかなあ……」と、思ったミュージシャンのアルバムを買ったり、レンタルしたりしています。



もちろん上記の話は一つの「仮説」ですし、何よりジャンルを総括すると、まったく違う所から影響を受けたミュージシャンだっています。これからもしかしたら「ビートルズ」すら想像しなかったまったく新しい音楽が生まれるかもしれません。(最近で言ったらHIP-HOPでしょうか?)


そして……私は一体何を言いたかったのでしょうか? 感じるままにキーボードを叩いていたら、ただのロックヒストリーを
書いただけになってるような……


とりあえず! 長~い話を短くまとめると「ジャンルに捕らわれず、好きな音楽を聴けたら良いなあ!」……と、言う事でした。


……すいません。もしかしたら書きなおすかもしれません。

CD屋に行った話

31mcj288EWL.jpg

ゲームも完成し、毎日宣伝したい所ですがそこは今回ぐっと我慢して……今日はCDの話。
CD屋に行ってきました。……って言ってもTSUTAYAですけど。

上記の画像であるCD、石崎ひゅーいのアルバム「独立前夜」を購入しました。

そこで思ったのが「最近のCDは特典だらけだなあ」と感じました。


今日石崎ひゅーいの特典なんですが、「シール」と東京公演であるliveの「抽選の応募券」。
正直嬉しいような嬉しくないような。


シールと言っても、小さい小さいTSUTAYAとのタイアップのシール。応募券に関しては、東京周辺になんか住んでないし、しかも「抽選の応募券」なんで当たるかどうかも分かりません。
それをまるで「今なら買うとポスターが付いてくる!」とでも言いたげな大きな宣伝でジャケットの表に書いてあったので、ちょっとビックリしました。



所で話変わって、CDを片手にウロチョロしてたら面白い物を見かけました。
51TNMG5ZG9L.jpg

この作品を御存知でしょうか?

「ガンパレード・オーケストラ」。知ってる人は知っている、知らない人は微塵の破片も宇宙のチリ程度も知らないゲームです。

このゲームはPS「ガンパレード・マーチ」の続編で、怪獣達が世界を征服し始め、それを人間達が抵抗し、反撃するためのゲームです。

その中で、主人公達は恋をし、友情を育み、そして怪獣達と闘うために色々な訓練をクリアして行きます。


「エヴァンゲリオン2」を御存知でしょうか? 同じスタッフが制作したらしいので、それのオリジナルキャラクター達の物語と思ってくれて正解でしょう。



そしてこの「ガンパレード・オーケストラ」。「白の章」「緑の章」「青の章」に分かれているのですが……現在「白の章」「緑の章」はネット通販で調べてみたら分かりますが、非常に安価で手に入ります。
しかし「青の章」が何故か高値のまま今だに取引されているんですね。


調べてみたら5000~7000円で取引されているのですが……今日、そこのTSUTAYAで3980円で売っていました。
一時は呪われたようにやっていたゲームなんですが……今買ってもプレイするかどうか……。


しかし買ってしまいました。3980円です。4000円。得したのかしてないのか。
されど「白の章」「緑の章」「青の章」の3つ全てがそろった感が嬉しく、閉まってある本棚も心なしか嬉しがってるように見えました。




今、夜です。まったくプレイしようと思いません。……やっぱり4000円無駄だったような気がします……。




(著作権等の問題があれば御連絡下さい。
画像などの削除をいたします)

テネイシャスD

51d2VUNGqlL__SL500_AA300_.jpg
テネイシャスDという歌手がいます。



「ジャック・ブラック」と「カイル・ガス」という二人が組んでいるのですが、ぶっちゃけジャックブラックの人気は高いです。
ジャック・ブラックは皆さんご存知(?)の通り、リメイク版「キング・コング」「ホリデイ」「カンフー・パンダ」の声の出演などで有名ですが、カイル・ガスも国内の人気やギターの上手さはありますが、あまり御存じでない方が多いのではないでしょうか。



そんな二人がアメリカでコンビを組み、歌手をしています。
ジャンルはハードロック。映画化(テネイシャスDは映画化しています!)したサウンドトラックはヘビーメタル調でしたが。
また、ドラムには元ニルヴァーナ、現フーファイターズに所属する「デイヴ・グロール」が加わっているため、侮ってはいけません。


前回、その二人が2001年CDデビュー。2006年にはサウンドトラックのアルバム発売。そして今回……といっても話題が古いですが、なんと事実上のセカンドアルバムが2012年に発売になったんですね。約11年ぶりです。




それのジャケットが上記の画像。これで大体想像つくと思いますが、彼らは下ネタ大好きです。なぜならジャケットから既に、「チ〇コ風フェニックス」を描いてしまってるからです。

国によってはジャケットだけでなく、歌詞にも規制がかかり、曲自体もカットされてる所もあるそうです。
しかし運よくこの日本では、規制がかかってない(?)ようなので安心ですね。




そんなテネイシャスD。アメリカ、ヨーロッパでは大活躍、大躍進を見せています。
理由は色々あるでしょう。下ネタな歌に始まり、ジャック・ブラックの歌声にもありますし、カイル・ガスから始まるバックバンドの演奏。
そして何よりさっきも触れましたが、その「ジャック・ブラック」と「カイル・ガス」のコンビが良くできているからではないでしょうか。

ジャック・ブラックがいればカイル・ガスがいる。
例えれば、「浜田省吾」いれば「町支 寛二」あり。「エグザイル」いれば「踊ってる人」あり。と言う所です。
 簡単に言えば、どちらにとっても必要不可欠なコンビなんですね。



しかしそんなテネイシャスDも、この日本の人気は殆どありません。
何故でしょうね。個人的には大ヒットしても良いと思えるんですが。……


テネイシャスD amazon (リンク先はモザイクはかかってません! 苦手な方は注意してください)

テネイシャスDを you tubeで聞く!


プロフィール

オザキショウゴ

Author:オザキショウゴ
連絡先は↓までお願いします。
「shogoozaki1229★yahoo.co.jp」
★をアットマークに変えて送信して下さい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
ツイッターです
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR