夢その2

「ゴールデン・ボンバー」の一人である真っ白に化粧してる人が、実はあれは岡本太郎がメイクを施している。と言う夢を見ました。

そんな日曜日、皆さんお元気でしょうか。、



ついに9月です。夜が寒いですね。今バレーボールがやっています。

今日は皆さんにマメ知識です。
皆さんは「海外旅行に行きたいけどお金が無くて……」とか「時間も無いし……」とか考えた事ないでしょうか。

そんな方に朗報です。


衛星放送を見ましょう。皆さんを世界が待っています。
テレビの前に用意する物は、国に合わせたお酒とおつまみ。無ければ何でもいいです。


そして何より画面内に集中するために、酔いましょう。たくさん酔いましょう。
あとは、野となれ山となれ。もう夢の世界でテレビで見ていた国へ旅立つ事が出来ます。


ただし効果は必ず保障するものではありません。
「翌朝、酔って仕事に支障が出たよー?」とか「夢とか見なかったよー?」とか「うんこ出たよー?」などのお問い合わせはは無しにして下さい。


それでも、「海外旅行に行きたい!」って方は是非!
スポンサーサイト

変な夢を見ました

夢を見ました。
専門学校時代に教えてもらっていた先生の一人に、女性の先生がいたのですが……何故かその人と中華料理屋にご飯を食べに行ってる内容です。

そこの店は、めちゃくちゃに美味しくて、特に豚まんが異様に美味しかった。


そして御愛想。先生が「ありがとう~、御馳走様ー」と既に店の前で待ってる状態。何故か自分がお金を払うことになり、レジの前に立つと……

「よかったら、豚まんを持って帰れるサービスを始めたんですが、興味ありませんか?」

と店の女性が言ってきました。見ると、レジ棚に張ってあるポスターに「豚まん、4つで〇〇円!」と書かれていたんです。
あの美味しかった豚まんが4つで〇〇円!? と驚いた自分は即座に「ください!」と言うと




……何故か店員は暗い顔して下を向き始めたんです。



「え? だ、だからくださいって」

言いなおしても、下を向き、返事さえしません。

「だ、だからくれって言ってるでしょう!?」

しかし店員は下を向いて反応してくれません。

「もういい、店長を呼んで、店長!!」

それでも頑なにこっちを向きません。









……そして夜が来ました。



「だっから店長を呼べって言ってんのが、聞こえてないんかおらああああああああああ!!!!」


まだレジ前で叫んでる自分がいました。



でも一番怖かったのは、それでも叫んでる自分でも無く、ずっと下を向いている店員でもなく、そのやり取りを眺めてる
お客でもなく……ずっと店前で待ってる先生だったのかもしれません。
プロフィール

オザキショウゴ

Author:オザキショウゴ
連絡先は↓までお願いします。
「shogoozaki1229★yahoo.co.jp」
★をアットマークに変えて送信して下さい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
ツイッターです
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR