アニメ4

今日も世間は世界陸上で盛り上がってるのかいないのか分からない中、このブログを更新したいと思います。


「メン・イン・ブラック3」を見ていたつもりが、「オペラ座の怪人」を見ていたって事、ありがちではないでしょうか。


61IneFmRkWL__AA300_.jpg

お話変わって結構前の話ですが、ライオンキングを見ました。


感想はwikipediaでも書いていますが、小っさな「ジャングル大帝」な気がしました。


ジャングル大帝を読んだ方なら分かるかもしれませんが、あれは、アフリカを中心に日本やアメリカに目を向け、そこから人間と動物の関係を描いたお話でもあるのですが、こっちの「ライオンキング」は一切人間は登場せず2時間に抑えたミニサイズ……所謂「ジャングル大帝を映画化したら、こんな作品になるんだろうな」という作品かもしれません。



登場人物が一つ一つ当てはまるんですね。ああ、これはあのキャラクターをモデルにしてるんだろうな。とか。



でも面白いんですね。息子が父の敵を討つ。
ティモンやブンバァが良いキャラしてますよね。

ぜひお勧めしたい作品でもあります。

ライオンキング amazon


(著作権等の問題があれば御連絡下さい。
画像などの削除をいたします)
スポンサーサイト

ディズニー3

皆さんこんばんわ。初めてこられた方、初めましてオザキショウゴです。

 「オザキ ショウゴ」 です。どうぞよろしくお願いします。


今日は広島の原爆が落とされた日ですね。朝の8時15分、皆さんは何をしていましたか? 「オザキ ショウゴ」は歯を磨いていました。

もちろん磨きながらNHKを見ていましたよ。

51SAzs4vYaL__SL500_AA300_.jpg


話はガラッと入れ替わりまして……今回紹介するのは「トレジャープラネット」です。


あんまり御存じない方もいるのではないでしょうか?

ディズニー作品なんですが、当の「オザキ ショウゴ」もDVDレンタルするまでこの作品には存在さえ知りませんでした。



内容の方を言うと、主人公がお宝を探すべく旅に出る……と言う王道なストーリー。
しかしその王道が良い味を出しています。いや、王道だからこそ良い作品が多く生まれるわけですが。

けれどそんじゃ其処らの冒険ものとは違います。もちろんファンタジーなんですが、宇宙を股にかけて冒険するのです。
スケールが大きいのもこの作品の醍醐味なんですね。


この作品を見て思ったのは多分、いや概ねそうなんじゃないだろうかと思った事があります。
恐らく何時もディズニー作品を見ている少年。
……そんな少年もやがて成長しディズニー作品なんて見ないようになります。
その客層に狙いを定めたのがこの作品「トレジャー・プラネット」では無いでしょうか。


トレジャープラネットでは、何時の作品よりシリアスでもあります。そうすれば自然と見る年齢層も上がってきます。

この作品ではディズニー作品では珍しく、キャラクターとの死別や裏切り、騙し騙され合いがあります。

その中で、主人公は悩んだり葛藤を繰り返し、成長して行くわけですが……。


なにぶんキャラクターが地味なんですね。
恐らく世界観に浸すためなんでしょうが、この作品を観終わった後、画面を思い出してパット思いつく第一印象は「茶色多いな」と思う自分がいる事でしょう。



ですが中々面白い作品です。 盛大な冒険物、旅がしたいなんて思っていいる自分がいれば、一度「トレジャープラネット」に手を出して見ても良いのではないでしょうか?


トレジャー・プラネット amazon



(著作権等の問題があれば御連絡下さい。
画像などの削除をいたします)

ディズニーその2

51IdzK5qFmL.jpg

アラジンというアニメがあります。

パチスロではありません。アニメです。


今日仕事がひと段落したので、何かイラスト一つ描いてやろうと思いましたが、何せ弱小ブログ。
誰も期待しないような腕なので止めました。


そして今回紹介するのがこのアニメ、ディズニーのアラジン。管理人が大好きなアニメの一つ。
これも既に20年以上の作品であり、人々の目に焼きついた名作。今さら批評だとか何だとか言いません。


ただ最近久しぶりに見てみると、面白いんですね。
王道らしく王道なんです。
まっすぐなラブストーリー。しかしそれを感じさせないために挿入された、ジーニーやジャファーというキャラクター性。



こんな、ベッタベタなストーリーは、今の日本じゃ作らないと思います。
理由は「なんだ、嘘くせえ」とか「こんな展開あり得ない」とか、今の日本のお客さんは肥えてる方が多いせいではないでしょうか。
だから国内の作品は、主人公などが死ぬ直前のラブストーリーや、ドロドロなラブストーリーが多いんだと思います。



もちろん子供向け、提供された曲たちが良くできてる、ってのもありますが、それだけだとあんなにも流行りませんよね。
この作品の中には、大人も魅了する何かが入ってるのだと思います。
二人が歌う「A Whole New World 」。良い味出してますよ。






ところで話は変わって、ディズニーランドの「スプラッシュマウンテン」というのは皆さん御存知でしょうか?
実はあれ、知ってる人は知ってるんですが原作があるんですね。


「南部の唄」と言う70年近く前の作品らしいのですが、この作品……なんとDVD化もされていません。
……そりゃあ誰も知らないはずです。





南部の唄 you tubeで一部シーンを見る!


A Whole New World をyou tubeで聞く!


アラジン amazon




(著作権等の問題があれば御連絡下さい。
画像などの削除をいたします)

ディズニー

51yZ+x+YZXL.jpg
白雪姫と言うアニメ映画があります。
おそらく皆も知ってるあのディズニーアニメです。


いまさら感想や批評を言ってやろうとも思いません。なんとなく話題に出しただけです。(ネタが無いだけではない!)

この間久しぶりにビデオで見てみました。
ディズニーランドに行った方なら分かるかもしれませんが、オープニングから、いきなりあの歌が始まりました。
新鮮な気持ちで見ていた自分としては、「これ、ホラーだっけ?」と肩を震わせたしだいです。


でも国の女王があんな感じで、ある意味ホラーでした。王様大丈夫かって思いました。



でもやっぱりすごいのは、70~80年前のアニメ映画を今でも違和感なく見れてしまう所が一番の驚きなのではないでしょうか。
もし同じ年代の実写を見たら間違いなく「うわ汚ったねえ! 俺のカーチャンより汚ねえ!」って叫んでしまう事この上なしですよね。(画質の話です)


とにもかくにも白雪姫。もう一度皆でリビングで見るのも良し、または部屋で一人、腰を据えてゆっくり見るのも良いんじゃないでしょうか。

白雪姫 amazon


プロフィール

オザキショウゴ

Author:オザキショウゴ
連絡先は↓までお願いします。
「shogoozaki1229★yahoo.co.jp」
★をアットマークに変えて送信して下さい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
ツイッターです
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR