「天国の回廊」の舞台……イタリアの片田舎に存在する穴場世界遺産、アシェーア「ヴェーリア」の写真公開!

こんばんは。こんな時間からオザキショウゴです。




さあ皆さん祝って下さい。何と先日、私の誕生日でした。




プレゼントは小切手で郵送でどうぞ。








……とまあ、冗談はさておき。誕生日は嘘じゃないけどねえっ!



今日は自作ゲーム「天国の回廊」の舞台でもなりました、イタリアのアシェーアにあるヴェーリアを紹介したいと思います。



今夜こそ君を、「天国の回廊」に興味を持たせてみせる!



――――------------------------―――――――------------------------


……さあ本題です。



まずヴェーリアとは何ぞや? と思う方に簡単に説明しますと、『古代ギリシア都市エレアを元にした古代ローマ都市ウェリアの遺跡があり、ユネスコの世界遺産に登録されている。』と、wikipediaに書いてました。



とりあえず、めっちゃ昔の都市が、まるまる遺跡として残っている世界遺産と思ってくれて結構です。







そしてヴェーリアの行き方なんですが、大事なのは電車に乗る事です。




走りに自信があるならともかく、自宅から飛行場まで相当距離があるのが常。




旅行に行く人なら、大概の人は座席を予約している事でしょう。
まずイタリアに行かないといけないのに、ここで躓いてはアウトです。
ここは大人しく飛行場まで電車で行きましょう。








へ? そんな事はどうでもいい!? 

……すいません。








今度こそ大事な事を話しておきますと、本当に大事なのは飛行機に乗る事です。



泳ぎに自信があるならともかく、日本からイタリアは遠すぎます。
時間をかけたくない。楽をしたい。濡れたくない。
この三うち一つでも嫌な物がある人は、ここは大人しく飛行機に乗るのが無難です。





ええ!? そんな事はどうでもいい!?





……すいません。




さあ、本当に今度こそヴェーリアの行き方なんですが、まずローマからナポリまで列車で移動します。



それからナポリから「サレルノ」という街へ……。
(もしかしたら、ローマからサレルノまで直通の列車があるかもしれません。私はローマまでの帰りに、サレルノから直通の列車で帰ってきました)

CIMG1097.jpg
サレルノ駅。



CIMG1232.jpg


そしてサレルノから「アシェーア」の町へ。

アシェーアは結構な田舎で、飲み物が売ってるような店もほとんどありません。


駅内にてお店が一軒だけあるのですが、私の記憶では、飲み物は売ってなかったので、予めペットボトルを持って行くことをお勧めします!
(イタリアには、町からの計らいで、時々道の端に水道の水が存在しています。それは自由に使っていいので、ペットボトルがあると大変便利です!)


CIMG1101.jpg

……駅から出ると、真っすぐと続いた道があるので、なり道にまかせてずっと真っすぐ歩いて下さい。


道中、お店が幾つかあるのですが、半分は閉まってる状態です。
近くに海があるので、海のグッズ店が多いですね。


CIMG1105.jpg


そして道中見つけた大きなスーパー。


イタリアは日本と違って、お昼休みが存在しています。
なので暇な時間帯は、休み時間としてお店自体閉まっている場合があるので気をつけましょう。


写真のスーパーも撮った時間帯は閉まっていましたが、帰りの時間はちゃんと開店していましたよ。



CIMG1106.jpg


……そして駅から徒歩30分程。

ついに見えてきました! 世界遺産、ヴェーリア!


さあ、ここからトントン拍子で行きましょう。写真も撮ってない事ですし。


砦に向かって歩いて行くと、何となくわかる公園の様な場所に到着します。その奥へ歩いて行くとヴェーリアへの入り口が存在してますので、そこで愛想のない兄ちゃん達がいますので、お金を払って中へ入って下さい。


払わなかったら警察が来ますので注意が必要です。あまりにも愛想がないお兄さんたちにお金を払いたくない気持ちも分かりますが、ここはグッと抑える事が大事です。



そしてついに町の遺跡の中に入って行くと、一面に遺跡の町を覗けます! 


ただ写真を撮ってないので、割愛します!!




さあ何千年も前、紀元前に触れていた人達と同じ物を触れる感動を味わいながら、遺跡をぐるっと見て回りましょう。


CIMG1110.jpg

CIMG1113.jpg

恐らくここで鍛冶をしていたと思われる(勝手に推測)場所。

何が何処で、何をしていたかも分からないくらい何も残ってないですが、人間意味も無い物を作る事はありません。

あの丸い物や四角い物で、何かを作ったり座ったり、枕にでもしていたんでしょう。




さあドンドン歩いて行きましょう。


CIMG1124.jpg

道を歩いて行くと、トンネルのような場所へ。

昔の人はここで雨宿りでもしていたのでしょうか?


ここを抜けると……



CIMG1118.jpg

広ーい道に出ました。ここから先へ進むと、家跡が多く残る場所へと出ます。

その奥へ進むと、階段がありますので、そこを登ってください。
(くれぐれも遺跡側の階段をのぼらないように! 迷子になります! そして多くの批判をくらいます)

CIMG1145.jpg

階段を上り、先へ進むと、白いモザイク調でデザインされた床が見えてきます。

多分(また勝手に推測)ですが、昔はここに水が溜まってたのか、真ん中と隅側に水を抜けされる穴開いていました。
それともお金持ちの貴族の方の家の跡だったのでしょうか?


CIMG1151.jpg

そしてすぐそこには、何と世界遺産のマークが!



ちなみにすぐ隣に写っている石の道は馬車が走っていたと思われ……以下略(またまた勝手に推……以下略)



CIMG1139.jpg

そこからも先へ少し進むと、何だか興味深い物がありました。
恐らく見た目通りの水を通す場所ではないかと……。

しかし凄いのは、紀元前や何千年前の人達もこんな技術があったんだと思うと、感動物ですよね。







さあドンドン行きましょう。ドンドン山道を登って下さい。途中水道が存在するので、そこで一休みしましょう。



一休みしたらドンドン山を登って下さい。頂上まで登って下さい。





……そうです。ここに来る途中に見えた、あの砦に向かっているのですよ!



CIMG1179.jpg



ババ~ン! と大きい砦がそびえ立っていました。残念ながら老朽化が進んだせいか、二つあるうちの一つの砦には入れなかったのですが、大きい方には入れたので良しとします。


CIMG1196.jpg


砦からの景色は圧巻で、村を一望できます。


ああ、昔はここから隣の国や海からやって来る敵を見張ってたんだなあ。と思うと感動してしまいますね。
なんだか見張り兵になった気分でした。


CIMG1191.jpg

砦を降り、さらに海側に行くとこれはまた最高の眺めが待っていました。


何処までも見える綺麗な海です。

正直、アマルフィよりも劣るリゾート地なのは間違いありませんが、逆に人が少ないのが魅力的で、世界遺産だと言うのに、観光客はほとんどいないし港も無い。

なので船も一隻も見当たりません。




だからこそできる海の綺麗さがここにはありました。




日本人でも、この場所を知ってる方はあまりいないのではないでしょうか。



インターネットや、地球の歩き方にも載っていない穴場中の穴場の世界遺産、大変オススメです。





オマケ


CIMG1205.jpg




興奮のピークを迎えて先に進むと、小さな建物と劇場跡があります。


劇場は、私には大変新鮮でしたが、客側が上から見下げる形で舞台を覗くんですよね。


私は劇に関しては何一つ知らないので、演劇とは、勝手に下側から見上げるように舞台を見る物と思っていました。
しかしこの舞台、出番が無い人やスタッフは、どうやって姿を隠すのだろう?


小さい建物は中に入ると遺跡と共に眠っていた貴重な像後(?)や壺が置かれており、それらの解説が書いてました。
英語やイタリア語だったので、私にはさっぱりでしたが。



CIMG1225.jpg

ちなみにこの遺跡。何故か猫が多かったです。 可愛く鳴いてましたよ、イタリアの猫も。




――――――――――――――------------------------



……と、まあ!


ここまで読んでくれた皆さん。そろそろ興味を持って来たんじゃないですか?







へ? 何がって?




やだなあ。決まってるじゃないですか。





サムネイル

天国の回廊に決まってるじゃないですか!



宣伝だったのかよ! と、思われた方。あなたは正しい。





そう! 宣伝だったのですよ!!




てな訳で。ブログのイタリアの旅も楽しいですが、フリーゲームでの旅も楽しいと思います。


短編ノベルですので、よかったらワンプレイどうぞ。


「天国の回廊」ダウンロードページ




人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

自作ゲーム、未公開パート2 ……ある女性の伝説のお話。

kuyou.jpg

こんばんは。オザキショウゴです。

今回も前回に引き続き、自作ゲームに使わなかった写真をこの場に公開してやろうと更新します。


上記の写真の場所は、「1月18日に更新した」看板のある場所を引きで撮った物です。

ちなみにこの写真には写ってませんが、右側にその伝説の人物が住んでいた建物跡がありました。


写真をさらに拡大してみましょう。

kizyo.jpg

ここで鬼女が供養されています。


もうほとんど自作ゲームとは関係ない話なんですが……この村には鬼女「紅葉」と、言う人物が伝説の人物として語られています。

そして「紅葉」と言う人物は、中々のあくどい女のようで。

完全にwikipedia参照さしてもらいますが、簡単に説明しますと……当時「京」で悪い事をしてしまった紅葉が、この村にまで追いやられまして……しかし紅葉自身「京」が恋しくて、再び「京」に上るために軍資金を稼ぐため近辺の村を襲っていたようです。

その話が「京」まで伝わり、一人の男がその紅葉を倒すべくこの村にまでやって来た……。と、いうお話です。



ちなみに「紅葉狩り」という言葉はこの時にできたようです。



しかも紅葉自身、相当「京」の都市が恋しかったようで、この場所の辺りには「京」に因んだ名前がつけられている。……と、wikipediaで書いてありました。

kyou2.jpg

恐らく、この写真の事を言っているのだと思います。
決して東京を「とうきょう」と読んではいけません。東京と書いて「ひがしきょう」と読みます。



しかし、面白いのが紅葉と言う人物。伝説上の人物なので実在していないと思うのですが……。
取材旅行中、供養塔があったり、御墓があったり、紅葉自身名付けた地名があったり、紅葉が住んでいたと言われている建物跡があったり……まるで本当の歴史上の人物の足跡をたどっていたような旅行でした。


ただ私自身も、この伝説上の人物の跡地を全ての場所を回れた訳でなく、正直この人物について知恵は浅い方です。

「ハイ質問!」なんて言われても、多分これ以上の知識は答えられません。スイマセン。
寧ろ教えて頂きたい方だったりします。

この村でもう一泊して行きたかったなあ。と言うのが正直な感想でした。



……と、言う訳でどうだったでしょうか。



何だか変なお勉強会になってしまった感があるかもしれません。
しかも「支離滅裂で意味分かんなかったよ」と言う意見もあるかもしれません。


まだ、もう少しだけ未公開になった写真が残っています。
余裕が残ってる方は、あと少しだけお付き合い下さいませ……。





人気ブログランキングへ

綺麗な緑のある風景

こんばんわ。オザキショウゴです。


すっかり世間はクリスマスシーズンですね。
テレビでは終始、CMはクリスマスソングが流れています。


皆さんはどうでしょうか。買ってますか? 御払い、神棚の準備は大丈夫ですか? 年末ジャンボ。

私はまだ購入するか迷っています。残り物には福があるパターンで攻めたいと思います。
DSCN1086jpga.jpg

そしてまだ同じく迷っている、あなたへ! 

宝くじは買うかどうかはあなた次第! 
しかし人生、後悔先に立たず。宝くじは安くは無いですよね。一旦、この綺麗な緑のある風景でも見て、
一緒に落ち着きましょう。



また、自作ゲームの進行状況ですが、公開の目途が見えてきました。
あくまで目安ですが、来年の1~2月。私が事故を起こしたりバック転を失敗したり、ボーリングのしすぎで腕を痛めて入院しても、3~4月頃には公開できるかもしれません。


公開に合わせ、サイトのホームページの方も更新予定です。
そこでストーリーのあらまし、キャラクター公開をしようと思います。


万が一、億が一、待っていてくれる方は、あと少しお待ちください……。




人気ブログランキングへ

雨の夜

DSC_0038a.jpg


どうも皆さん、雨ですね。この時期、雨が多いですね。


でも今日は凄く暑かったです。しかも上の写真は最近の雨の写真でもありません。
さらに別に最近雨が多いわけでも無いですし。




二日前、ブログを更新したと思っていたんですが、全然できていなかったようです。
……二日に一回ブログを更新する事を目標にしてたんですが、時々忘れてしまいますね……。
万が一、億が一ここを見ていてくれている方、どうもすみませんでした。





お話戻しまして、上の写真は何時かの写真……たしか台風18号かそこらあたりの頃の写真です。
はい、このブログはそんな過去の事も書いていくよ!



私自身上の写真のような真夜中の雨の中、車が通り過ぎる瞬間など明かりに照らされた雨が好きなのです。(分からない方すみません……)



それを表現したい! って思い、雨の中携帯電話をわざわざ取り出して撮ってみると……



見事失敗。よくあるようなドラマのような再現は無理でした。








でも考えて見ると、「雨の中」照らされた雨が好き……

これ、もしかして雨の中で撮らないといけないのかな……じゃあそれを撮るのは無理かなって思った当時の私でした。








人気ブログランキングへ

綺麗じゃない空

DSC_0011a.jpg

今回は朝日に続いて夜景。

綺麗な夜景だったので、思わず写真を撮ってしまいました。


しかし目で見たときは綺麗だったのですが、さすがに携帯のカメラでは少し綺麗な焼けにはなってくれませんでした。


51EYQYW4Y0L__SL500_AA300_.jpg




ところで誰が覚えているでしょうか。「ガンパレード・オーケストラ 緑の章」をクリアしました。





クリアしたキャラクターは「芝村 舞」という女子高生。
(確か)ガンパレードシリーズで数少ない天才で才能があり、一番扱いやすいキャラクターだったと思います。


ガンパレードシリーズで「天才」と言うのは非常に重要で、本来自分が扱えないスキル能力を補ったり、能力上げ等にもサポートしてくれます。




さらに彼女は秀才である事から、初期からステータスが高めです。




そのキャラクターで私は約2~3カ月かけてやっとこさクリアしました。




しかし今回、「芝村 舞」緑の章をクリアしたのには訳があります。




再度言います。誰が覚えているでしょうか。

私は先日「ガンパレード・オーケストラ 青の章」を購入しました。



「青の章」にはそれより前に発売された「白の章」、「緑の章」のキャラクターを転属させる事が出来るのです。



私はその天才で秀才である「芝村 舞」を「青の章」で操りたかったのです。
バシバシ天才を操りたかったのです。
そう。天才を操って青の章のゲーム本編を楽をしたかったのです。




でもできませんでした。
「芝村 舞」を青の章に転属させる事ができなさそうです。



本来他の章に転属させる事が出来る人は、ゲーム本編クリア直後に上層部から転属の命令が来ると言う設定なのですが……
何時も通りならプレイヤー自身にその通達命令が来るのですが、何故か今回に限って「芝村(プレイヤー)」の「恋人」にその通達が行ってしましました。



何のために「緑の章」を遊んでたんだ! って話ですね。
そして何のための時間だったんだ。って話でございます。


ここはもう諦めて、次の章に目を向けようと思います……。


↓は上記の拡大画像です。
DSC_0011.jpg


人気ブログランキングへ
プロフィール

オザキショウゴ

Author:オザキショウゴ
連絡先は↓までお願いします。
「shogoozaki1229★yahoo.co.jp」
★をアットマークに変えて送信して下さい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
ツイッターです
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR